刺窓
ハオルチア他

プロフィール

 

Author: 
ヤフオク

最近の記事

月別アーカイブ

AKG

2022/06/22(水) 20:32:31
阿房宮×(毛蟹×グリーンジェム)

阿房宮×(毛蟹×グリーンジェム)

阿房宮×(毛蟹×グリーンジェム)

阿房宮×(毛蟹×グリーンジェム)

阿房宮×(毛蟹×グリーンジェム)

阿房宮×(毛蟹×グリーンジェム)

しばらくの間は自家受粉と判断していましたが、この個体差の幅は花粉親が正常に掛かったかなと推測。
特徴があってコンパクトにまとまりそうなのがあれば残します。
ハオルチア

92-97

2022/05/24(火) 21:16:01
H. enigma JDV92/97 NW Riversdale

H. enigma JDV92/97

H. enigma JDV92/97

白系と紫系。
分かりやすく違いがあると実生した時の結果が楽しそうです。
白さは遅れて出てくると思われるので選抜時期が難しいかもしれません。
ハオルチア

6697

2022/05/12(木) 21:17:00
H. limbata MBB6697
H. limbata MBB6697 SE De Doorns

元の株から殖やしたこれのその後。
まともな姿を保っていて、厄介さが薄れた気がします。
色合いの良さは残ったし成功。
ハオルチア

HLJLL

2022/05/03(火) 18:48:40
(白帝城×H. limbata)×{(樹氷×H. limbata)×H. limbata}
(白帝城×H. limbata)×{(樹氷×H. limbata)×H. limbata}

トゲトゲ多め個体。
特定の方向に一番特徴の出た個体は、残す基準として分かりやすいので助かります。
ハオルチア

6602

2022/04/20(水) 20:42:31
H. macroyalis IB6602
H. macroyalis n.n. IB6602 Mount Hope, foot of Hill

あからさまに様子のおかしな苗。
成長障害の可能性もゼロではありませんが、たぶん何か起こっているでしょう。
元になったのはこの苗
ハオルチア

vi

2022/04/16(土) 17:24:32
H. violacea
H. violacea

成長が遅かった苗で、色素が薄いというかところどころ白いです。
原種の斑は出ると単純に嬉しい変異ですが、ちゃんと継続するものはまだ得られていません。
元になったのはこの苗
ハオルチア

6696

2022/04/13(水) 20:28:19
H. limbata MBB6696
H. limbata MBB6696 Osplaas, west of tunnel, ex G. marx seed

殖やした中にちょっと変わったものがありました。
小苗にありがちなその時限定のムチムチ具合のような気もしますが、
倍数体の可能性もあるかと期待しています。
ハオルチア

OVe

2022/04/09(土) 15:29:58
オブツーサ×H. venusta
オブツーサ×H. venusta

ずいぶん前に作った個体でまあまあ気に入っています。たぶん2009年の実生。
オブとベヌの一段階では意外と出現率が低いタイプ。
うちのオブベヌ系列はだいたいこれが掛かっています。
ハオルチア

si

2022/03/23(水) 21:08:16
H. silviae 'Super Star'
H. silviae 'Super Star'

だいぶしっかりとしてきました。
葉の枚数とサイズ的に完成はもう少しかかるでしょう。
他のシルビアエとの交配が発芽しているので、そこからもいいのが出てほしいです。
ハオルチア

6778

2022/03/19(土) 14:18:35
H. dielsiana MBB6778 Slagtersnek, SE Somerset East

H. dielsiana MBB6778
元の株。

H. dielsiana MBB6778
殖やした中の1本。

成長が遅い個体で、外葉が白くなっています。
LED焼けや成長障害か、ゴーストみたいな性質になったか、まだ判断が微妙ですが、
元が強健な株だし何らかの変異は起きているんじゃないかと期待しています。
ハオルチア
ホーム全記事一覧次のページ >>

カテゴリー

ブログ内検索

Copyright(C) 2006 刺窓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.