刺窓
ハオルチア、サボテン、他

プロフィール

柴犬

Author:柴犬
twitterアカウント
ヤフオク

FC2カウンター

にほんブログ村

多肉・サボテンのブログが登録されています。
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

急成長

2010/06/14(月) 22:54:54
ポリフィラ
ポリフィラ。
確か4号鉢。もうきつきつです。刺が出て葉も青白くなりました。普通に売っている小苗くらいのサイズにはなりましたね。今からの植え替えは怖いんで秋まで待ってもらいます。そこまで脱落無しでいけるかなあ。

ポリフィラ
こちら2月終わり頃の写真。植え替え直後だったかな。

これ去年秋に実生したものなんです。話には聞いてたけど成長早くてびっくり。さすがアロエ。水を切らさないようにしたのと土が合ったのか、それともこれが標準なのか。
スポンサーサイト
その他の植物TB:0CM:4

ハローフレーク

2009/12/09(水) 00:28:21
波路?
波路っぽいアロエ。
子株が大きくなってきました。外すと鉢が増えるのでしばらくこのままで。1頭の大きさはそんなに大きくならないんでしょうかねぇ。そういえば今年は花が咲かなかったような。

スノーフレーク
スノーフレーク。
葉はやや大きめのが出てくるようになりました。今年も室内に取り込み完了。ただ冬の間外に出していた時も、葉が丸まったりちょっと変色した程度で済んだので、なんとかなるような気もします。


※既にリンクして頂いているブログをいくつかリンクに追加させていただきました。
その他の植物TB:0CM:0

アロエの実生その後

2009/11/14(土) 19:33:15
前回の記事からあんまり経っていませんが、アロエの実生その後です。

ポリフィラ
ポリフィラ。
発芽から2ヶ月くらいだと思います。葉っぱは3枚目が見えてきました。大きくなるの早いですね。実生だと個体差は出るんでしょうか。最初の冬くらいは氷点下になったら室内に取り込もうか考え中です。

ペグレラエ
ペグレラエ。
こちらは葉っぱ2枚め。ポリフィラほど早くない感じ。数は少ないけど順調そうかな?
その他の植物TB:0CM:0

アロエの実生

2009/10/18(日) 00:01:57
BEEさんから「発芽率が良いのを確認済みのポリフィラの種」という大変貴重なものを頂いて、9月に蒔きました。

ポリフィラ
ポリフィラ。1回目の植え替え後。
1枚目から大きな葉っぱが出てくるんですねぇ。ハオとは明らかに違います。比較的酸性の用土を好むという情報から、某粒状培養土の微粉(これがメイン。バーミキュライト多め)+鹿沼土細粒相当+ピートモス少々という配合にしてみました。ピートモスは、ごく一部の南米サボテンに少量入れてみたら悪くなさそうだったので。表面だけ赤玉土です。表面が鹿沼土だと苔が大発生しますからね。

土のことは結果が出ていないので、良い子は鵜呑みにしないでね(*ゝ∀・)b

ペグレラエ
こちらは一緒に頂いたペグレラエ。
画像検索すると、肌色と刺がかっこよさそうです。うっかり発芽直後にカビを発生させてしまい数が減ってしまいました。すみません><
その他の植物TB:0CM:2

波路、元気

2009/07/05(日) 17:53:32
波路?
綾錦の名前で買ったもの。波路疑惑が濃厚。
普通の綾錦より小型で子吹きしやすいという説明にも合いますし。でも短葉でコンパクトに詰まったこっちの方が形は好きかも。綾錦の実生から出た園芸種なのか何か混ざった交配種なのかはよく分からず。アロエのようにランナーで子ができるのは親の形が崩れなくていいですね。

スノーフレーク
スノーフレーク。
周年栽培してみて暑いのは好きそうと分かったんで、今年の夏はジャバジャバ水やってみようかと思います。最近増えているアロエの交配種も値段が落ち着いてきたら手に入れたいです。赤いのとかいいな。


葉が2方向のものと茎立ちするものとグラスアロエはまだまだ守備範囲外。やっぱり均整の取れた長すぎないロゼットが好みのようです。
ポリフィラは1つも発芽しませんでした。
その他の植物TB:0CM:4

飛鳥山公園植木市09春

2009/04/18(土) 19:46:46
先週に引き続き植木市へ。

花
通る人皆が写真を撮っていた木。八重桜でしょうか?

そして肝心の会場写真をまた撮り忘れました。

今回はマルニエルラポストレーが冬に元気がなくなったことを相談してみました。これは水を切らずに外で越冬させた方もいるそうです。種類や個体によってはいけるんでしょうかね。うちもディッキアの不明種の方は何の問題も無く元気ですし。冬に根をいじるのは厳禁というのと一度こじれると復活に時間がかかると教えていただきました。調子が良いと一気に成長するそうです。

お店の人と途中でブログの話になって、偶然(?)BEEさんと会うことができました。連日来られているとは思わなかったしびっくりですよ。うちのブログも見たことがあるという方がいたのにも驚きです。

赤羽とは多少ラインナップ変わってましたね。まだ残ってたら買おうかと思っていたスプリングボクブラケンシスがなくなっていたのがちょっと残念。迷った末置いてくると欲しくなるんですよね。今日買ったのはお手頃だけど素直に綺麗だと思ったものです。

綾錦
アロエの綾錦。
気になるアロエの1つでした。かなりハオっぽい雰囲気。

綾錦
裏側もツブツブギザギザで綺麗。

十二の巻
名札には 「特 十二の巻」と書いてありました。そういや十二の巻1つも持っていなかったなあと思って。
ワイドバンドに近いんでしょうか?霜降りはもうちょい細かい白模様が入るイメージがありますし。


会計をしていると、抜き苗からおまけを選んでいいよと言われました。ベンケイソウ科っぽいのが多いなあ。あ、シンビがある。とか見ているとモサモサ好き心をくすぐる葉っぱが・・・。
枯らしたらごめんなさい
断崖の女王とかそのへんの系統かと思ったら、ツユクサの白雪姫というものだそうです。土に挿しておけば根付くと言われました。ちょっと楽しみ。耐寒性はかなりあるそうで。
その他の植物TB:0CM:6

スノーフレーク

2009/03/20(金) 16:40:42
3号鉢ではそろそろきつそうと思っていたスノーフレークを植え替えました。どうせ葉っぱで場所を取るし。

スノーフレーク
根鉢状態ではあったものの、ほぐすと思ったより少ない印象。もっとすごいことになっているかと思いましたが、3号鉢ならこんなもんかな?根の質感はハオとアガベの中間、もしくはアガベ寄りでしょうか。

スノーフレーク
4号鉢へ植え替え。だいぶ均整がとれてきました。
今回の冬は室内に保護したら全く調子を崩さずにいけました。寒さに弱いとは言ってもディッキアよりは耐寒性がありそう。

スノーフレーク
収穫した子株。真ん中から出ているヒョロっとしたのがランナーだったのかもしれません。
根っこにネジラミ付着疑惑あり。処理してオルトランを多めにぶち込んでおきました。

スノーフレーク
ミニラン鉢へ植え替え。大きくなれよ~。


頂き物のポリフィラの種を蒔こうかと思います。そこでどういう方法がいいのか迷っています。温度、覆土をするかどうか、密封するかどうかなど。

池袋屋上のフェアが今日から始まっていますね。例会の帰りに寄れば交通費的に得なんですが、日曜は天気悪そうだし外出自体が面倒になりそうで・・・。
その他の植物TB:0CM:8

調査中

2009/01/02(金) 18:39:42
自生地環境を調べているサイト、地道に種類を増やしているところです。サボテン以外の多肉にも手を伸ばし始めました。
属ごとに1種類ずつしかなかったりしますが・・・。違いの大きいところを調べた方が楽しいし、サボテンを調べてたらメキシコばっかりになってきたんで。

面倒なのと葉が痩せてきているものがあるので、以前の写真も混ざっています。

熊童子
熊童子 気候データ
ハオルチアと同じ南アフリカなんですね。自生地がかぶっているのか気になります。とりあえずベヌスタの産地よりは湿度が低く、温度差があるようです。
子猫の爪とは学名が混同してよく分からなくなっているようです。どっちが基本種でどっちが亜種なんだか。

月兎耳
月兎耳 気候データ
調べていて、マダガスカル産というのを初めて知りました。
カランコエは寒さに弱いなんていう記述を見かけるしこの気候を見るとそうかなとも思うのですが、月兎耳はエライ丈夫ですよね。ベランダ放置で枯れる気配すら見せたことがないです。
他のカランコエは全く知らないので同じには考えない方がいいです。
雨の降り方は季節でメリハリが効いてますね。年間の合計だと降水量は東京と同じくらいあるようです。

福兎耳
ついでに福兎耳
葉の長さは徒長か個体差か・・・。置き場所は決して一等地とは言えないところです。
これの斑入りがあったら可愛いだろうなあ。

スノーフレーク
スノーフレーク 気候データ
去年の冬に葉が丸まった原因は日の強さと水切れだと思っていました。ところが園芸店だと似た種類が直射日光で平気な顔をしてるんです。
今思うと単に寒さが原因だったのかなあと。即売会では業者の方に寒さに弱いことを教えてもらいました。
今回はいち早く室内に取り込んで水も切っていません。でも寒くても葉が変色して丸まるだけで、駄目になるとは限らないですね。増えまくったら耐寒実験をしてもいいかも。
自生地の冬は最低気温が10℃を切る日がないような環境で、雨は夏に集中して降るようです。

姫笹の雪
姫笹の雪 気候データ
メキシコ産で多くのサボテンとも自生地がかぶっています。場所によってだいぶ環境が違います。
室内のスペースが空いていないので外置き。小さいカキコも含めて今のところ大丈夫そうです。
白ペンキをなるべく出そうとして夏に焼いてしまったのが悔やまれます。

マルニエル・ラポストレー
マルニエル・ラポストレー 気候データ
今は痩せてきているので写真は以前のもの。
雨がほとんど降らない状態が2ヶ月も続くんですね。自生地では夏に成長して冬に葉が減ってを繰り返して少しずつ大きくなっているのかもしれません。
同じブラジルですし、ペクチニフェラの環境とよく似ています。

ベヌスタ
ベヌスタ 気候データ
これは前から載せていました。
雨はもちろん日本より少ないですが、雨季と乾季がしっかり分かれているという感じではないです。
暑くもなく寒くもなく。でもこの気温よりずっと上下に許容範囲が広いですね。
ハオルチアの自生地は各種で差が少ない予感もするのですが、もしレース系の自生地の降水量や湿度が低かったりすると面白いです。


ブルゲリの自生地も調べてみました。気候データ
同じ南アでも降水量や湿度はずっと低いようです。
SpringbokはSpringbokvlakteとは違う場所です。

正月からマニアックにいってみました。

※追記
グロボシフローラのデータを追加
せっかくなので癖のありそうなものをと思って。持ってないのに・・・。湿度と降水量が低いみたいです。特に夏の湿度が低いあたりがポイントでしょうか。日本じゃ再現が難しそうですね。

プベスケンスとディモルフォイデスが欲しいです。
その他の植物TB:0CM:4

これから頑張れ、なハオ

2008/09/29(月) 20:39:57
白帝城
チビ苗で入手した白帝城、1ヶ月経過。
まともな根が1本しかなくて心配でした。
針金で押さえているけど苗が浮き上がっていて、新たな根が出ていました。
根元に土をかぶせておきました。これから良い時期だし一安心。

初夢殿
色は出てるけど葉が膨らんでこない初夢殿。
適度に遮光して葉水もしています。
どのくらいで戻るかなあ。

黒デケナヒー オラソニー
植え替えを済ませた黒デケナヒーとオラソニー。
早くうちの環境に慣れておくれ。
オラソニーはさすがに鉢大きすぎたかな?
色々なブログで成長早いと書いてあるのを見たので期待して(^^;)

大型紫オブツーサ
ハオを綺麗に撮ろうと試行錯誤しています。電線邪魔・・・。
これは晴れている時に撮っておいた大型紫オブ。
逆光は窓が透けるけど株元が暗くなるんですよね。今回は順光気味で撮ってみました。

スノーフレークの花
スノーフレークの花、咲いています。
駄目元でハオの保存花粉をつけたりしています。
ハオルチアTB:0CM:6

ハオ植え替えと実生経過

2008/09/14(日) 21:39:34
ハオルチアは春に植え替えたものと、買ってすぐ植え替えたものばかりなので、
今回の植え替えは少なくて済みました。
2.5号では小さくなってきそうだな~と思ったものだけです。

勝手な主観によるサボタニ用土にありがちなこと。
・赤玉細粒は買う必要がない(小粒をふるいにかけると大量に出来る)
・鹿沼中粒は買う必要がない(小粒をふるいにかけると略)
・軽石を振るう時は洗濯物に注意(この微粉は下に落ちず舞います)
・いくら混ぜても燻炭が下に残る(ちょっと湿らせましょう)
・バーミキュライト微粉ヤバイ、超ヤバイ

植え替え後ハオ
手前の2つは、直径10センチ程の先日買った長鉢に植えてみました。
うちのハマーウィミーはちょっと日を強めるとすぐに葉が痩せてきます。
春に確認した時は根がかなり少なかったんですが、現在はしっかりした太い根が生えていました。
祝宴錦は相変わらず根張りが良かったです。水を吸えばまたムッチリしてくるはず。

ハオ実生
これはハオ実生の一部で、7月の始めに蒔いた分です。
左が黒ピクタ×白銀ピクタ、右が初夢殿×ベヌスタ。
最近追加で蒔いたものからもいくつか発芽しました。
うちでとれた瑠璃殿錦×竜鱗はまだ発芽しません。
一度植え替えた方がいいんでしょうけど、ハオ実生は初めてなので心配です。
もう少し涼しくなってからの方が安全かな~と思って、液肥だけあげておきました。

スノーフレーク
スノーフレークは順調に生長して、今花芽を上げています。
竜鱗と同じ場所がうちでの定位置になりました。
葉が長いので結構場所を取ります。

スノーフレーク花芽
つぼみに赤みがあります。赤とかオレンジの花が咲くのでしょうか。
可能ならハオと交配させても面白そうです。
ハオルチアTB:0CM:4
ホーム全記事一覧次のページ >>

カテゴリー

サブカテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 刺窓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。