刺窓
ハオルチア、サボテン、他

プロフィール

柴犬

Author:柴犬
twitterアカウント
ヤフオク

FC2カウンター

にほんブログ村

多肉・サボテンのブログが登録されています。
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

蝦もん

2016/08/07(日) 12:11:30
リンゼイ
たまにはサボテンの刺もんを。リンゼイです。蜜が出る奴らと違って気を遣わずに作り込めるのがいいです。記録を確認したら、3号鉢に詰め込んで8年ほど経ったみたいです。
サボテンTB:0CM:0

白黒刺

2015/07/15(水) 00:56:59
リンゼイ
リンゼイ
縦方向への伸びは抑えつつ、刺密度は年々高くなっているので狙いは成功かなと。蝦のこれとか刺物ギムノなんかは刺色が汚くならないのがいいです。
サボテンTB:0CM:0

刺蝦

2014/07/01(火) 21:47:05
リンゼイ
リンゼイ。
蝦では一番好きなサボテンです。本体は大きくしたくないので辛口。ジリジリ焼きます。なかなか好みの姿になってきました。

リンゼイ
少し前に咲いていた花はこんな感じ。
サボテンTB:0CM:2

黒刺巻き巻き

2012/10/30(火) 01:39:56
リンゼイ
リンゼイ。
刺優先で締め上げ中のつもり。ある程度の大きさで縦に伸びていくもののようだけど、丈が低いのが好きなんでなるべく上方向への伸びを抑えたい。刺の密度だけ高くしていってくれれば嬉しい。


ヤフオクも再開しました。まずは火曜日中にもう少し増やして11月3日(土)終了予定です。ハオの実生苗メインで、気力が続けば冬までに何度か出していきます。
サボテンTB:0CM:0

咲いた蝦さん

2011/05/11(水) 00:02:49
ネオカピルス
ネオカピルス。
うちにない色合いの花が咲きましたー。内側の黄緑からラメのある茶色へのグラデーション。金色っていうとちょっと言いすぎかな?この属にしては花があんまり大きくないような。

リンゼイ
リンゼイ。
刺が巻き上がるところが好きなサボ。毎年この時期は新刺が出ているけど、たまに気まぐれで冬が近くなってから出たことも。ちびちびと刺優先で育てるのだ。
サボテンTB:0CM:0

蝦・リンゼイ

2010/05/19(水) 20:56:39
リンゼイ
エキノケレウス リンゼイ。
巻き上がる強い刺の蝦サボで気に入っています。あまりヒョロヒョロと縦に伸びないところも好き。ただ長い刺を出してくれるかどうかは環境次第なのが・・・。刺ものは刺の弱い部分があるとその年の管理や調子がイマイチだったんだなと分かってしまいます。

リンゼイ
赤~黒に変わる新刺。うちではこの時期によく出てます。ピンクっぽい部分もあったり。
サボテンTB:0CM:2

蝦サボちゃん

2009/06/10(水) 17:55:47
うちの数少ない蝦ちゃん。

リンゼイ
リンゼイ。
去年は性質がよく分かっていなかったのもあって貧弱な刺を出させてしまいました。といって今年うまくいくとは限らないんですが。刺ものは環境でだいぶ見栄えが変わりますからねー。

リンゼイ
この赤から黒に変わる新刺が好きなんです。

ネオカピルス
ネオカピルス。
今年はまだ花が咲かないのかもしれません。新しく出た刺の部分だけ鮮やかですね。

ネオカピルス
これも同じネオカピルス。一度こじれて胴切りしたので成長が遅れているもの。幼苗のうちはこのように毛で覆われているようです。


ちなみにエキノプシスはウニサボテン。
サボテンTB:0CM:4

お毛々蝦復活

2008/10/19(日) 22:00:58
ネオカピルス
久々に載せるネオカピルス。
春に根が駄目になっているのを発見して切断した3本のうちの1本。
これが一番元気な苗で成長を再開しました。
1本はまだ養生中、1本はアウトでした。
小さいうちは全体が毛に覆われていて、大きくなるにつれて新しく出てくるのが毛から刺に切り替わります。わりとマイナーなものかも。
全体が刺になってきたので、開花もそのうち望めるかもしれません。

リンゼイ
同じ属のリンゼイ。
こっちは刺ものという雰囲気です。
夏の間に新しく出た刺がそれまでのものより短いです。
性質がはっきり分からなかったので夏は遮光していましたが、これからの時期は遮光無しでいってみます。
サボテンTB:0CM:2

秋の植え替え

2008/08/30(土) 18:05:10
先週抜いて乾燥させておいたものだけ今日植え込みました。
この4つだけですが、途中で雨が降ったりして大変でした。
最近用土にゼオライトを使い始めました。
粒の大きいのを買ってしまったため、底の方に置いている感じです。

ペクチニフェラ
ペクチニフェラ
うちに来てから1年経過。生長激遅の種類のため、写真で見ても大きくなったのが確認できません。
でも形は少し変化したかな?
ペクチには形が真ん丸ではなくやや円柱状に角ばってくるものがありますね。
今回は秋に植え替えちゃいましたが、ユーベルマニアが寒さに弱いのを考えると春やや遅めにやるのがいいのかなと思います。

プセウドペクチニフェラ
プセウドペクチニフェラ
上のペクチニフェラに比べると刺が黒く、開いてます。
刺は下の方にいくに従ってグレーになっています。
これも生長おっそいです。

紫鯱
紫鯱
前の植え替えの時は黒プラ鉢を切らしていたので、茶色の鉢を黒に染めて無理矢理使っていました。
刺の白粉の正体が気になります。ほんとに汚れじゃないのかどうか・・・。
鮮やかな赤刺は実生している刈穂玉や神仙玉に期待します。
そのうちまた、刺を濡らして写真を撮ってみようかと思っています。

リンゼイ
リンゼイ
鉢サイズを3.5から3号鉢に下げました。
最近あまり刺を出していませんでした。
この属は寒さに強いのが多いので、逆に暑い時期は生長が鈍るのかな。

※追記
リンゼイの原産地はメキシコのバハカリフォルニアで、冬の気温は日本の関東よりずっと高そう。
というわけで冬は断水して注意してみます。
サボテンTB:0CM:0

真の難物サボ

2008/06/22(日) 13:52:29
と言いつつ接ぎものなんですが(^^;)
スクレロカクタスが売っていたので即注文しました。
種の輸入以外だとなかなか手に入らないですからね。
ここの業者さんはいつも届くのが早いんですが、今回は注文してから24時間くらいで届いて驚きました。
万が一穂木が取れちゃうとまずいので、包装を解くのにかなり神経使いました。

今後記事に上がらなかったら夏越しできなかったということで・・・
接ぎものなのにかなりビビっています。

白紅山
白紅山 SB1967
白と赤の鉤刺が入り混じって綺麗です(*゚∀゚)
今のところ体は真ん丸で、このままあまり背が高くならずにいてほしいところ。
台木が長くてすでに場所に困っているんですけど、スクレロの中では大型になるらしいです。

黒虹山ブライネイ
黒虹山ブライネイ(シュレセリ)
ちょっと上に伸び気味のような。でもしょうがないですね。
まだ本来の姿になっていないと思うので、これからが楽しみです。
刺は産毛が生えているように毛羽立っていて面白い感触です。
買ったところのカタログだと白刺タイプと書かれています。
名前通りの黒い刺のも見てみたいです。

リンゼイ
一緒に買ったエキノケレウスのリンゼイ。これは別に難物じゃありません。
蝦なのに刺物って感じですね。新刺が赤から黒のグラデーションでかっこいい。
大きくなるともっと刺が凄くなるみたいです。
サボテンTB:0CM:2
ホーム全記事一覧次のページ >>

カテゴリー

サブカテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 刺窓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.