刺窓
ハオルチア、サボテン、他

プロフィール

柴犬

Author:柴犬
twitterアカウント
ヤフオク

FC2カウンター

にほんブログ村

多肉・サボテンのブログが登録されています。
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

コリっと

2010/03/19(金) 22:15:20
コリファンタも個体差が大きくて刺や疣の大きさなどに違いが出るみたいですね。実生選抜していったら面白いのかも、と思います。

大祥冠
大祥冠。
一冬を越して、入手時よりも引き締まりました。扁平さを保ちつつ刺を強くしてみたいんですよねぇ。

C. kracikii VZD266
C. kracikii VZD266 Buendia Dur
まだ強い刺は出てきません。どういうものになるか別ナンバーも含めて観察していきたいです。

C. tripugionacantha L1464
C. tripugionacantha L1464 Huejuquilla Zac
縦に伸び始めているのが悩み。頃合を見て降ろすか、開花サイズまでこのままでいきべきか悩むところ。接いだまま横に膨らます方法はないもんですかね。
サボテンTB:0CM:0

大祥冠

2009/10/01(木) 23:39:31
大祥冠
比較的自分のイメージに近いものを入手できました。間近で見て初めて気付いたのが、刺色は黒をベースに白粉をまとっているっぽいこと。締めればもう少し扁平にできるかもしれません。

大祥冠
以前から持っていたもう1つの大祥冠。やはり刺は数段弱いです。形にだけ気をつけています。

あとは開花球に育てて実生がしてみたいです。上のは来年あたり咲くか微妙なところでしょうか。下のはまだまだですね。
サボテンTB:0CM:0

竜神木接ぎ

2009/09/23(水) 23:28:15
サボテンの基本は正木だと思うんですけど、実生苗と台木の数に余裕があればとりあえず1本、と接いでみたくなります。クセのあるものは保険にもなりますし、種採り用にも。小さな苗がサボテンらしからぬ早さでモリモリ大きくなるのを観察するのも楽しみです。ただ扁平に保つのが無理だったり締まりがなくなったりするのが難点です。

アタカメンシス
アタカメンシス
7月上旬の接いだ直後
接いでから1ヶ月程度で一気に大きくなりました。そこからの変化は少ないです。刺の形状はそれらしくなってきました。台木の脇芽に接いでいたもので、現在切り離して発根管理中です。

クラシキー VZD266
クラシキー VZD266 Buendia Dur
これも順調に膨らんでいます。もう少し大きくなればトリプギオナカンサとの比較ができそうです。画像検索すると刺の強さだけでなく出方や色にも個体差(もしくは地域差?)がありそうです。

トリプギオナカンサ L1464
トリプギオナカンサ L1464 Huejuquilla Zac
だいぶ顔が見えてきて色の付いた3本刺も出てきています。最近縦に伸びてきたので降ろしたくなったんですが、開花株になるまで待った方がいいか迷っています。
サボテンTB:0CM:0

ファンタだよ

2009/06/14(日) 21:54:40
かなり種類はあるらしいのに限られたものしか出回っていない感があるコリファンタ。

大祥冠
大祥冠。
たぶん刺の弱い個体。縦に伸びやすいものが多いらしく、その点だけは気をつけています。いずれ実生をしてみたいのでもう1つ入手したら交配用にでも。できれば実際に見て選びたいけど、扁平・強刺と揃った良さそうなものに出会えません。

トリプギオナカンサ L1464
トリプギオナカンサ L1464。
台付きで降ろす前提なら袖ヶ浦よりも竜神木の方がいいと聞きました。腐りにくく長持ちするんだそうな。刺の強さとか耐寒性では袖ヶ浦なんでしょうけど。実生の三稜柱も大きくなってきたので台木としての性能が気になります。

トリプギオナカンサ VZD238
トリプギオナカンサ VZD238。
上のものよりも蒔いた時期は早かったものです。象牙丸などの系統よりだいぶ成長は遅いみたいです。

クラシキー KKR339
クラシキー KKR339。
トリプギオナカンサより生存率が高かったです。体の成長もちょっと早いかも?別ナンバーのものも最近実生して発芽し始めました。

象牙丸
象牙丸。
種は白刺強刺の名前で買ったものです。象牙丸は大疣のものや黒刺も気になります。

グリーンウッディ
グリーンウッディ。
象牙丸と同じような丈夫さかと思っていたらいつのまにか数が減ってしまいました。このサイズじゃまだ綿毛は出ませんね。
サボテンTB:0CM:2

温室妄想2

2009/03/28(土) 14:07:46
温室妄想で書いていたことを実現するために動き始めています。今日現地調査が終わり、見積がそのうち届きます。温室と言っても家に沿った細長いもので1.2×3.6mくらいの小さなものです。
屋根だけ付けてもらって側面を自分で作るプランで考えていたのですが、オプションで囲いも付けてもらえるようなので2通りの見積を出してもらいます。通風口は人が侵入できない程度には広くしておいて、温度が上がらないようなら自分で調整の予定です。出入りは家の窓からのみ。


ついでにその記事で上げていた接ぎ物を。
トリプギオナカンサ L1464
トリプギオナカンサ L1464。
実生苗の成長が遅いので保険のために1本接いでおいて正解だったかもしれません。疣が目立ってくるとコリファンタらしい雰囲気になってきますね。このサイズで疣の間からも綿毛が出ているのはやっぱり接いであるからでしょうか。この鉢はずっと植え替えていなかったし最近植え替えてやりました。

黄鳥丸
黄鳥丸、3号鉢。
これは接ぎ木しなきゃいけないようなヤワなサボテンじゃありません。フェロのちびの刺がモリモリ出てくるところを見たかったのと、短毛丸の台木としての性能実験です。切らずに埋め込んで腐らず機能するかどうかも試しています。まだ穂木が小さいし埋めてあるのは半分くらいです。

慶松玉
慶松玉。
チビだけどカギ刺らしいものが見えてきました。実生接ぎは特徴が少しずつ出るこのあたりから観察が楽しみになってきます。この短毛丸は台木として使うには小さかった感があります。
サボテンTB:0CM:2

温室妄想

2008/12/21(日) 21:42:42
そろそろ簡単な温室を作ることを考え始めました。現実的に、使えるスペースは1.3m×3mくらい。
今から作ってしまうと室内越冬組の日当たりが悪くなるので、春以降の予定です。

プラン1
既製の温室を買ってしまい自分で組み立て。基礎を作るかコンクリートの土台にアンカーを打つ。
意外と安いのが1つ見つかったが、使えるのが細長いスペースなので収まらず却下。

プラン2
完全に自分で作る。
木材か、鉄・アルミのパイプで骨組みを作りポリカで囲う。
・・・強度と耐久性が気になる。

プラン3
テラス屋根だけ既製品で付けてもらい、側面を自分で作る。
これがいいかも。見た目がたぶんアンバランスなのはキニシナイ(゚ε゚)。

骨組みに使えそうなものとしてイレクターパイプというものに注目してます。
既製の屋根である程度雨を防げば耐久性も上がるだろうし。
ブロックの基礎あたりまで業者にやってもらえばもっと丈夫になりそう。
ポリカは紫外線を通さない加工がしてあるので、強刺類などのために一部分にビニールやガラスの箇所を用意しようかと。
最低限人が入れる大きさに。防犯のために出入りは家の中からしか不可能にしようと思います。
とりあえず加温設備は無しでいいとしても、換気扇か扇風機くらいは欲しくなるだろうなあ。
となると電気が必要。あ、夜作業するのに電灯もあった方が・・・っていくらかかるんだろう。


文だけなのもあれなので最近撮ったものでも。
黄鳥丸
黄鳥丸
接いでから1年とちょっと経過
時期によって最初から黄刺を出していたこともありました。

慶松玉
慶松玉
ちゃんと活着して成長しているみたいです。
刺色が出てくるのはもう少し先でしょうか。

トリプギオナカンサ L1464
トリプギオナカンサ L1464
一段階太い刺が増えてきました。
刺が黒くなるのも楽しみにしてます。

黒王丸
黒王丸
刺物はアレオーレも好きなポイント。刺ともさもさの対比。
黒王丸を刺物というのは微妙かな?

ピクタ
花芽を伸ばすピクタ
各地のブログを見ると今の時期に花芽を伸ばしている記事が結構あります。
もしかしてピクタってそういうもの?
各種の大まかな開花時期が載ってるところってないかなあ。
根元に見えている2本目の花芽がもしかしたら何かと合うかも。
ムッチリには戻ってないけど、それほどベコベコでもないし扁平だからいいか・・・。

ピリフェラ錦
ピリフェラ錦
まだかろうじて形を保っています。約2ヶ月前よりちょっと葉が開きました。
葉の外側に葉緑素が多く内側は斑が多いです。
意外とそのへんが伸びない要因の1つ?と予想。
サボテンTB:0CM:4

連休初日の作業とサボ

2008/10/11(土) 16:57:31
植木市に行こうと思ったら雨が降っていたので、今日は植え替えや配置変えをしていました。
明日は行く予定です。
午後から晴れてきて暑ー!
他に、フェロの実生苗を植え替えなきゃいけないというしんどい作業が残っています。
やつらは刺で場所を取るのですぐに隣の苗とぶつかるのです。

今日の写真は久しぶりにサボ中心です。

姫春星
姫春星
全体的に大きくなりました。現在2.5号鉢、来春は鉢サイズUPでしょうか。
好みで言えばもうちょい刺間隔を引き締めてもいいかも。

赤刺カルメナエ
赤刺カルメナエ
締めて作ってもやっぱり上に伸びます。現在ミニラン鉢。
まん丸にするのは無理なので子吹きを始めてもらった方が嬉しいです。

トリプギオナカンサ L1464
トリプギオナカンサ L1464
竜神木に実生接ぎをして5ヶ月程経過。以前の様子
だんだん刺が太くなっていってます。疣も出てきて観察が楽しみ。
まだ直径は2センチ程度です。

黄鳥丸
黄鳥丸(短毛接ぎ)も赤い新刺を伸ばしています。
今後、台木がうまいこと木質化してくれるとベストなんですが・・・。
切り離しが必要になるならそれまでに少しでも穂木に大きくなってもらわないと。

ピグマエア
2.5号がきつそうだったので植え替えたピグマエア。
3.5号の長鉢にお引越しです。
一応札には特白ダルマとついていたものです。
今年の冬は凹まさずに色付けさせたいです。

オブツーサ
ごく普通のオブツーサ、のカキコ。
外すつもりはなかったのですが、植え替え時に子株がぷらーんぷらーんとしていたので毟って植えました。
子株の方はまだ窓に透明感があります。
綺麗な緑色したオブがなかったのでこれはしっかり遮光して育てようかな、と。
サボテンTB:0CM:6

鉢サイズダウン

2008/03/22(土) 15:37:11
サボテンの鉢は大きすぎない方が生長が良いです。
鉢内が温まりやすくなり、過湿にもなりにくいので失敗も減るんじゃないかと。
土の使用量も減りスペースの節約にもなるけど、植え替えがサボれなくなるのが唯一の欠点かな。
ゴボウ根の種類やプシス、柱サボテンなどの生長の早いものは少し大きい鉢の方がいいです。

これらは同じところで冬に買ったものですが、全て3.5号以上の鉢で届きました。
そんなわけでこの春の植え替えでは出来る限りギリギリの鉢で植え替えました。
左が植え替え前(購入時の写真が多いかも)、右が植え替え後。
この店は赤玉土の割合は少ないみたいですねぇ。
鹿沼土、細かい砂、富士砂をメインに鶏糞ペレットらしきものが多めに混ざっていました。

白鳥丸
白鳥丸 4号→3.5号
フェロは鉢の大きさをどうするかいつも迷います。
余裕のある鉢にするか刺をフチに引っ掛けるように植えるか。
小さい鉢にしたわけですが、これがひじょーに植えにくい。土を入れるのが大変。

帝冠
帝冠 3.5号→2.5号
なんか色が違う・・・。寒さか日照の影響でしょうか。
この形状は生長が分かりにくいけど、ちょっと膨らんだような?

竜剣丸
竜剣丸 3.5号→3号
エキノフォスロらしくない形。
まだ冬にできたシワが残ったままです。

大祥冠
大祥冠 3.5号→2.5号
この間と同じ写真ですが、まだしっかり水を吸ってないので今も変わりありません。
サボテンTB:0CM:4

負けるな やわらかサボテン

2008/03/15(土) 20:29:32
こういうタイトルなのにロホホラがないのが残念。
あるにはあるんですが自分の持ち物ではないので。

サボテンの害虫の1つにアカダニがあり、肉質の柔らかい種類を好む傾向があるようです。
柔らかい種類は冬に水を切ると縮むものが多いので、注意する目安になるかも?

大祥冠
大祥冠
去年12月の状態はこれ
冬の間に縮んでだいぶ背が低くなりましたが、今の姿の方が好きです。
結構縦に伸びやすいという話なので、水はやや少なめで焼けない程度に日に当てていきたいです。
刺ももう少し強くなってくれると嬉しい。(´∀`)

大統領
大統領
これは下の方にシワが寄って縮んでいます。
出店で買った時には肌がアカダニにやられていて、蕾が出たら今度はアブラムシに寄り付かれた株です。
1年間でほとんど大きくなっていませんが、新刺はちゃんと出ています。
今年も大輪の花に期待します。

これらはハオルチアのついでに、時々霧吹きで葉水をしてやろうかと思います。
アカダニは乾燥している方が現れるようなので。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物・サボテンへ
サボテンTB:0CM:0

大祥冠と実生苗

2007/12/07(金) 21:43:15
大祥冠
届いた時の印象は、あれ・・・刺ってこんなもん?という感じ。
象牙丸より強い刺になるというのをどこかで見たんですが。
まだ小さいからそうなのか、強い刺になる見込みのない個体なのか、現地球しか強い刺にならないのか・・・
検索しても画像があんまりヒットしないんですよねぇ。
刺の黒い色もまだ先端にしか出ていないし、これからの成長に期待します。

コリファンタ実生苗
同じコリファンタの実生苗で左がkracikii、右がtripugionacanthaです。
右の方のやつが徒長気味に見えますが、まあ元気そうです。
サボテンTB:0CM:0
ホーム全記事一覧

カテゴリー

サブカテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 刺窓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.