刺窓
ハオルチア、サボテン、他

プロフィール

柴犬

Author:柴犬
twitterアカウント
ヤフオク

FC2カウンター

にほんブログ村

多肉・サボテンのブログが登録されています。
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

難刺

2017/04/29(土) 21:38:15
飛鳥
飛鳥
接ぎ降ろし自根で3頭立てのやつ。いつまでキープできるか分かりませんが、とりあえず咲きました。
サボテンTB:0CM:0

光琳玉

2014/07/22(火) 22:03:52
光琳玉
光琳玉の花が咲いてました。
光琳玉としては刺は太くないタイプかな。本体がもうちょい小さい時の方が刺比率が高くて目立ちました。
サボテンTB:0CM:0

刺蝦

2014/07/01(火) 21:47:05
リンゼイ
リンゼイ。
蝦では一番好きなサボテンです。本体は大きくしたくないので辛口。ジリジリ焼きます。なかなか好みの姿になってきました。

リンゼイ
少し前に咲いていた花はこんな感じ。
サボテンTB:0CM:2

瑠璃兜錦

2013/06/21(金) 00:37:40
多肉に水もやっていないのに危なっかしい膨らみ方をしたり、下葉が溶けたりする時期ですね。

瑠璃兜錦
瑠璃兜錦が咲いてました。天気が安定しないので開き方はこんなもんでしょうか。この花の色合いはなんとなく兜っぽくないような。

瑠璃兜錦
冬に萎んで危険かと思ったけどちゃんと戻りました。
サボテンTB:0CM:0

スクレロ咲く

2012/05/04(金) 21:20:13
黒虹山
黒虹山。

シュレセリ
シュレセリ(ブライネイ)

の2つが咲きました。どちらも初開花です。シュレセリはタイミングが悪く、全開時を見れず。これも黒虹山系ですね。刺も以前よりは長いのが出てきたなあ。
せっかくなのでこの2つを交配してみました。さて、実が膨らんでくるかどうか。
サボテンTB:0CM:0

兜リベンジその2

2011/09/25(日) 17:36:51
某秋フェアにちょろっと行ってきました。今回はサボテンのみの買い物。

瑠璃兜錦
瑠璃兜錦。
斑回りの綺麗なものが短めの台木付きであったので購入。土に埋め込むのにもちょうどいいです。短くして降ろすの前提だと台木は何が一番いいんだろうか。正木の兜を育てるのはもう諦めています。

花園兜
花園兜。
こっちは春に買ったもの。何度か咲いてたようですが全開時をちゃんと見れたのは1回ぐらい。

花園兜
ついでに、だいぶ前に咲いてたのを。


どちらも冬越しが心配だなあ。
サボテンTB:0CM:0

ビッグ粒々バザール

2011/06/05(日) 23:38:03
今日は関東の肉の祭典。人ごみが苦手なのでいつもどおり昼頃に行ったら、実は朝から割とゆったりムードだったらしいです。

ルエッティ
今朝咲いてたルエッティ。去年ほどの花数ではないのが残念です。

買ったのは以下2つ。
H. agnis
H. agnis
粒窓が繋がって窓比率の多い方。もしかしたら今年これから花芽出るかも?とのこと。夏咲きなんですかね?

H. agnis Knersvlakte, NE of VanRhynsdorp TL ex IB
H. agnis Knersvlakte, NE of VanRhynsdorp TL ex IB
粒々の目立つものになりそうな方。新しく入ったタイプでしょうか。


そうです、まさかのアグニス2個買い。だって別クローンだから。想定していた予算をいきなり超えて、あとは冷やかしモード。無事に育てて来年チョメチョメするぞー。グロボシほど難しくはないそうです。

お会いした方々には色々頂いてしまったり、余剰苗を引き取ってもらったりしました。ありがとうございました~。
ハオルチアTB:1CM:3

咲いた蝦さん

2011/05/11(水) 00:02:49
ネオカピルス
ネオカピルス。
うちにない色合いの花が咲きましたー。内側の黄緑からラメのある茶色へのグラデーション。金色っていうとちょっと言いすぎかな?この属にしては花があんまり大きくないような。

リンゼイ
リンゼイ。
刺が巻き上がるところが好きなサボ。毎年この時期は新刺が出ているけど、たまに気まぐれで冬が近くなってから出たことも。ちびちびと刺優先で育てるのだ。
サボテンTB:0CM:0

キング

2011/04/24(日) 21:36:56
マミラリアの花が色々咲き続けています。

カルキング
カルキング。
カルメナエとダシアカンサの交配だそうです。個体によって白花からもうちょい濃いピンク花まであるようです。体が横に広いのも好みだったんですが、縦に伸びてしまっています。夏に痩せてそのままなのと、疣をいくつか痛めて軽く形が歪んでいるのが残念。

去年春の様子。

赤刺カルメナエ
赤刺カルメナエ(という札のもの)
これも冠状によく咲いています。たまーに赤みのある新刺が出るくらい。

ノビロ
ノビロ。
バランスよく頭数が揃っているのが好きなところ。
サボテンTB:0CM:0

光琳玉の花

2010/06/21(月) 22:44:37
村主光琳玉
光琳玉が咲きました。
うちにきて1年経っていないくらいなんで、初めての花。刺に阻まれて開き方が微妙です。まともに咲いている時間も短かったなあ。こういう、刺をフチから出して植えている鉢は持つ場所を気をつけないといけないです。

村主光琳玉
蕾の状態。
ギムノの蕾はウロコ状で面白い形です。


うちの地域、去年の今頃より最低気温が高い日が多いです。確か去年は最低気温が安定して20℃を越えるのが7月になってからでした。高山性のサボテンは夏でも最低気温の低いところに生えているものが多いので、このあたりが日本で栽培する時の問題なんですよね。自然には勝てませんが置き場所で多少のあがきをしています。
サボテンTB:0CM:2
ホーム全記事一覧次のページ >>

カテゴリー

サブカテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 刺窓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.