刺窓
ハオルチア、サボテン、他

プロフィール

柴犬

Author:柴犬
twitterアカウント
ヤフオク

FC2カウンター

にほんブログ村

多肉・サボテンのブログが登録されています。
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

実生のエリオシケ

2010/09/26(日) 21:23:44
今回は、いろいろ統合した広義の意味でのエリオシケで。

アタカメンシス
アタカメンシス。
しばらく成長が止まっていたのがまた膨らみ始めました。台は短めなので、そのうちそのまま埋め込むことになるかな。

アタカメンシス
上のものと同時期に蒔いて正木のままのもの。
成長は少ないけど案外生きてます。接木の保険があるからちょっと安心。

五百津玉
五百津玉。
本数が少なくて心配でした。夏は越してくれたようです。

ブルボカリックス
ブルボカリックス。
これもエリオシケでいいんだろうか?このへんの分類のトレンドがよく分かりません。検索して写真を見ると強い白刺の密生したサボです。
サボテンTB:0CM:0

実生接ぎその後とか

2010/03/13(土) 13:18:52
慶松玉
慶松玉。
色付きの刺がまだ出てきません。まだ先なのか黄刺のままの個体もあるのか。台の短毛丸がちょっとヘタレてきたのでどうしようか考えてます。とりあえず次の植え替えで埋め込んでみるかな。
去年6月の写真。

アタカメンシス
アタカメンシス。
去年の夏に接いで、秋に台を短めにカットして植え込んだものです。穂が新刺出してるので台の状態は大丈夫でしょう。癖がありそうで1本保険に接いだけど実生苗も脱落なし。

ギガンテア
ギガンテア。
記録を見ると08年5月の実生でした。元がブラジルあたりの産なのでもちろん冬は室内保護。この大きさだとあまり断水はしてません。今まで暑い時期にグンと成長してます。表面が鹿沼土だと苔がえらいことになるという失敗例。
去年7月の写真。
サボテンTB:0CM:0

フェロ実生

2010/01/31(日) 14:54:44
最近実生サボの写真を撮っていませんでした。同じ種類でも成長速度が全然違ったり、この中ではこいつが良さそうってのがちょっと見えてきますね。撮って編集したら力尽きたので手抜き記事。

金冠竜
金冠竜。

黄金冠
黄金冠。

黄鳥丸
黄鳥丸。

紅裳竜
紅裳竜。

刈穂玉
刈穂玉。

神仙玉
神仙玉。
サボテンTB:0CM:6

ちびっ子太平

2009/08/17(月) 18:49:52
太平丸系の開花球はまだ持っていません。欲しいタイプは色々あるんですけど、出会いが少ないのとあっても予算的に・・・。関東はサボテンが不人気でもこういうものはあまり安くならないんですよねぇ。そんなわけで小苗やら実生苗やら。

ニコリー
ニコリー。
春は全く新刺を出さず、確か7月になってから新刺を伸ばし始めました。天候不順で狂っちゃったんでしょうか。エキノカクタスはどうも気まぐれなのが多い気が。神竜玉は8月に入ってから新刺を伸ばしだしました。

太平丸ドゥランゴ
太平丸ドゥランゴ。
こっちは通常通り春に成長して今は軽く休んでいるみたいです。去年の春にホムセンで買ったもの。

ニコリー雷帝×雷帝
手前3つがニコリー雷帝×雷帝、右上の方のがニコリー雷帝×太平丸、上の方のひょろっとしたのが大竜冠。
この鉢の太平丸系は、駄目なものはどんどん消えていきました。今残っているのが丈夫なのだと思いたいです。大竜冠の実生苗は他にもありますけどひ弱なのばっかり。

小平丸×ニコリー雷帝
小平丸×ニコリー雷帝。
色々混ざってるんでどういう刺になるか分かりません。間を取ってごく普通のになりそうな気も。小平丸の丈夫だと言われる性質だけ遺伝して刺は強くなってくれると一番なんですけど、そううまくはいかないでしょうね。

太平丸 SB1889
太平丸 SB1889 Paila Coah.
まだあんまり見かけない、ナンバー付きの太平丸。Coah.はたぶんコアウィラのことかな。ただこのナンバーで検索するとエキノケレウスがヒットします。ナンバーが間違ってるのかネットの情報が間違ってるのか・・・。1粒だけ発芽してそれが生き残ったものです。
サボテンTB:0CM:4

接ぎ木その後、他

2009/07/17(金) 19:29:09
この実生接ぎ記事のその後。活着して成長を始めるとこうなるよっていうものです。

クラシキー VZD266
クラシキー VZD266。
あら?予想より強い刺が出てきました。トリプギオナカンサの実生接ぎ同時期ではこんな刺は見られませんでした。クラシキーを接ぐとこうなるのか、または強刺のナンバーかそういう個体か・・・。実生正木の方と比べていけば分かるでしょうか。

アタカメンシス
アタカメンシス。
こっちは刺座が発達してきたみたいです。クセがありそうなうえあまり見かけることもない種類なので1つ成功してくれて一安心。


ここからはなんとなく撮った実生苗。
カプトメデューサ
カプトメデューサ。
もちろんチランジアではない方の。発芽率・生存率ともに100%でした。案外育てやすい?何度か接ごうかと思ったけどここまできたら正木でいきます。

大鳳玉の子
この大鳳玉錦の子。
買った時の終わりかけの花が結実して、そこから採った種のものです。父親は不明。店でたくさんあった、花が咲いていた大鳳玉のどれかが父親かなあと予想。他のアストロの可能性もあります。少なくとも母親は錦なので斑が出るのに期待します。
サボテンTB:0CM:0

逆性質

2009/07/15(水) 00:35:32
ギムノ実生
天平丸や光琳玉系が中心の実生。
暑がりでうちの環境では何度か夏溶かしちゃいました。通常管理できる程度の小苗はそんなに難しくないんですけど、大株になるとまた違うかもしれません。

ギガンテア
ディスコカクタスのギガンテア。
一方こちら寒がりと言われるもの。暑い時は元気で、成長も案外早く感じます。
サボテンTB:0CM:2

プリーズ活着

2009/07/09(木) 00:54:19
クラシキー VZD266
クラシキー VZD266。
今年春に蒔いた方のクラシキー。別ナンバーも育っています。

クラシキー VZD266
トリプギオナカンサと比べたくなったので実生接ぎ。成長も早い方じゃないらしいですし。新たに刺が出始めたので成功したようです。珍しく1発活着。


アタカメンシス
ローデンティオフィラ(エリオシケ)の、アタカメンシス。
育てるのがちと難しいとの情報が。発芽率はそんなに悪くなかったです。自生地の気候的に秋蒔きが安全かと思って種を残してあります。

アタカメンシス
これも竜神木に接ぎました。萎んではこないけど成長点の動きが見られないので活着したかは微妙。接ぎ木でなんとか1つでもキープしたいところ。
※追記 活着したようです。
サボテンTB:0CM:0

ファンタだよ

2009/06/14(日) 21:54:40
かなり種類はあるらしいのに限られたものしか出回っていない感があるコリファンタ。

大祥冠
大祥冠。
たぶん刺の弱い個体。縦に伸びやすいものが多いらしく、その点だけは気をつけています。いずれ実生をしてみたいのでもう1つ入手したら交配用にでも。できれば実際に見て選びたいけど、扁平・強刺と揃った良さそうなものに出会えません。

トリプギオナカンサ L1464
トリプギオナカンサ L1464。
台付きで降ろす前提なら袖ヶ浦よりも竜神木の方がいいと聞きました。腐りにくく長持ちするんだそうな。刺の強さとか耐寒性では袖ヶ浦なんでしょうけど。実生の三稜柱も大きくなってきたので台木としての性能が気になります。

トリプギオナカンサ VZD238
トリプギオナカンサ VZD238。
上のものよりも蒔いた時期は早かったものです。象牙丸などの系統よりだいぶ成長は遅いみたいです。

クラシキー KKR339
クラシキー KKR339。
トリプギオナカンサより生存率が高かったです。体の成長もちょっと早いかも?別ナンバーのものも最近実生して発芽し始めました。

象牙丸
象牙丸。
種は白刺強刺の名前で買ったものです。象牙丸は大疣のものや黒刺も気になります。

グリーンウッディ
グリーンウッディ。
象牙丸と同じような丈夫さかと思っていたらいつのまにか数が減ってしまいました。このサイズじゃまだ綿毛は出ませんね。
サボテンTB:0CM:2

3年目の大輪と実生苗

2009/06/13(土) 00:03:06
大統領
もうおなじみになった大統領の花。
綺麗に開くかどうかは刺に邪魔されないかによって左右されます。花は毎年咲くけど全然本体が大きくなりません。テロカクタスは成長遅い方だといいますね。

ここからは実生苗。
緋冠竜
緋冠竜です。右のは長刺になってくれるかな?左は刺はイマイチだけど斑らしきものが見えます。

緋冠竜
これも緋冠竜。同時期に実生した緋冠竜の中では成長が早い感じ。

紅鷹
真ん中の列が紅鷹。いい刺はどのくらい出てくれるでしょうか。もちろん刺色も気になります。このへんは植え替えしないと・・・。
サボテンTB:0CM:2

とげとげのチビ

2009/03/09(月) 20:45:26
フェロの実生苗です。どれも発芽からだいたい1年半くらい経っています。

黄鳥丸
黄鳥丸。
これはもう余裕だろうと思ってベランダのビニール棚で一冬越させました。全く断水せずに脱落ゼロ。鯱頭の系統は耐寒性ありますね。むしろ昼夜の温度差(0~35℃くらい?)で機嫌良さそう。

刈穂玉
刈穂玉。
これはバハ産なんで念のため室内で、最近外に出しました。ずっと外でも大丈夫だった予感。日当たりがイマイチだったからか、新刺の勢いがあんまり。

金冠竜
金冠竜。
これは刈穂と同じ鉢なので同管理。赤刺と黄刺の交配のものを入手したはずなんですけど、新刺に赤みのあるのがいません。出るとしたらこれから?


三稜柱は実生苗をベランダの渇きの遅い土に突っ込んでおいたものが平気そうなので、耐寒性あるかも。
サボテンTB:0CM:4
ホーム全記事一覧次のページ >>

カテゴリー

サブカテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 刺窓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.