刺窓
ハオルチア、サボテン、他

プロフィール

柴犬

Author:柴犬
twitterアカウント
ヤフオク

FC2カウンター

にほんブログ村

多肉・サボテンのブログが登録されています。
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

宝山の木

2009/04/23(木) 20:54:31
宝山
宝山が花芽を伸ばし、一気に咲き始めました。なんとなくトロピカルな雰囲気?
レブチア系は花数が増えると見事です。いつかムスクラも群生にしたいです。
サボテンの花もこの時期になるとバリエーションが増えてきます。

宝山
別の日の写真。

カルメナエ
カルメナエはそろそろ花がピークのようです。

フィーレッキー
フィーレッキーも咲いてました。刺に阻まれて全開になれません。
最近はカタカナ読みではビレッキーという方が多いのかも?

ルエッティ
秋に台付きで降ろしたルエッティ、春になったら膨らんできました。降ろし直後の写真
蕾も見え始めたので一安心、と思ったら後ろ側にある頭に穴が開いています。虫にでも食われたんでしょうか。ルエッティ柔らかいからなあ・・・。芯まで逝っていますがこの頭だけで、他の部分は大丈夫に見えます。
スポンサーサイト
サボテンTB:0CM:6

サボ植え替えもそろそろ

2009/03/07(土) 19:09:19
今日は最近では珍しく一日晴れていました。
植え替え作業をちびちび進めています。今シーズンはあまりやらない予定なのでマイペースにやっていれば終わりそうです、実生苗以外は・・・。

レピダ VZ135
植え替えたレピダ VZ135。
逆光気味に見ると刺が綺麗です。実際の刺色は赤茶色という程度。
まだ縮んでいます。いがぐり。

月光殿
植え込んだ月光殿。
乾燥中は寝癖が付かないように気をつけました。たぶん横たえても大丈夫だろうけど、肉質も柔らかそうだし一応。


ここからは今日の花。
赤刺カルメナエ
小さい方のカルメナエも咲き始めました。

バラ丸
今日のバラ丸は2輪咲き。

昇竜丸
昇竜丸はやはり完全に開けないようです。

宝山
宝山は蕾準備中。
実生接ぎから1年7ヶ月。群生を目指して始めたわけですが、下の方にばかり子吹きしているのが予定外です。降ろす時に下の方の子を外さないといけないかも。
サボテンTB:0CM:2

今日の花とスペース確保

2009/02/15(日) 14:29:07
昇竜丸
昇竜丸の花、刺に邪魔されてちゃんと開けないようです。
テロカクタスの大統領とかは刺があっても大きな花をちゃんと咲かせるのになあ。

ノビロ
ノビロは花数が増えました。まだ増えるはずです。

姫春星
姫春星も咲き始め。



昨日買ったキセロの置き方を色々考えてました。
針金でぶら下げるとか、鉢に固定して鉢ごとぶら下げるとか、途中までやりましたが面倒でボツ。
室内で簡単に取り外せないと水遣りも大変ですし、鉢に乗せるか・・・と。
そーっと
キセロ in 2.5号鉢。
背中の重いガンプラのようなバランス。意外と自立するけどボツ。
吊らずに普通に置くとやっぱり場所取るんですよね。

良い置き方ないかなあと考え、
園芸は爆発だ
そして完成するキセロタワー。
一見ネタのようですがこれでいきます。鉢と下のカゴ、鉢同士を針金で固定しています。周りに他の鉢も置けるかなーと。

ぶら下がる
こっちは仲良くぶら下がる2つのシルエット。

チランジアだとテクトラムもいいな~と思います。昨日の店に置いてあったけどサイズの割に高く感じたのでやめちゃった。相場がよく分からないのでもしかしたら普通の価格だったのかなあ・・・。
サボテンTB:0CM:2

もう1つ欲しい

2009/02/02(月) 16:50:23
スクレロも接ぎだと本来の姿を見れないので、どうせなら実生からやってみたいです。メサで種を買うことも考えたんですが、発芽するかどうかも分からないので数が多く欲しいところです。実生接ぎの技術もあまりないのでやはり数があった方が。
で、時間はかかるけど接ぎ物を開花まで育てて種を取るのを目指すのもいいかなと。そうすると同種がもう1つ必要なんですよね。

白紅山
白紅山 SB1967。
刺の赤がかなり褪せてきちゃいました。形は丸く保っています。白紅山の接ぎ物は時々通販で出るんですが、もう1本入手するなら刺色の鮮やかなのを探したいです。

ブライネイ
ブライネイ。
こっちは縦の伸びが目立ちます。どのくらいから大人の刺になるんでしょう。台付きでも降ろせば少しは背が低くなるのかなあ。


カルメナエ
カルメナエの花は前より開いて咲くようになってきました。花のピークまでもう少しでしょうか。

バラ丸
バラ丸の花は前回咲いた時よりよく開いています。
サボテンTB:0CM:2

バラ丸咲く

2009/01/17(土) 14:00:39
国際多肉の新年会記事、いろんな方のを読みました。戦利品紹介を見ていると、セリであれを買っていた人なのか~までは分かるのですが顔を全く記憶していません(^^;)

バラ丸
バラ丸が週末に合わせて咲いてくれました。
群生になれば花数も増えて見事になります。
刺好きな者としてはサボテンの花はおまけ扱いなのですが(花の寿命もだいたい短いし)、期間限定で見れる嬉しいおまけです。
バラ丸を薔薇丸と書くのはあまり見ませんね。もしかして札などに書くのが面倒だから?花も姿もバラっぽくないんで、名前は学名のvaldezianusの響きからなんとなく取ったのかもと思いました。

バラ丸
白にピンク(赤紫?)のストライプ。どうやら白花タイプに近いようです。

カルメナエ
カルメナエは年末から咲いているのですが近頃開き方が中途半端です。
温度と水が足りていないのかな?。暖かくなって通常管理になればちゃんと花を見せてくれるでしょう。

ノビロ
ノビロも1輪だけ花をつけていました。群開した姿を撮れるのはもうちょい先ですね。
サボテンTB:0CM:4

冬にサボ買う

2008/11/29(土) 18:22:34
過去を思い返すと意外と時期外れに買い物してます。
春秋はイベント、そこで手に入らなかったけど欲しいものがあったら通販でという感じになってます。
店はおまけが付いてくると噂のあそこ。実は初めての注文です。

黒王丸
黒王丸。の三稜柱台付き降ろし。4号ラン鉢。
せっかく調べてるんで気候データを紹介していきましょう。自生地(結構離れてるかも)の気候
昼夜・季節での温度変化が少なく温暖冷涼、雨が極端に少ないけど高湿度という変な気候です。

黒牡丹
黒牡丹
まだ疣が開いていません。10年後くらいにはまともな大きさになってるでしょうか・・・。
立派な芋は実生苗の証。
次は青磁牡丹(の白いの)を見つけたいです。

レピダ
レピダ(Sulcorebutia tiraquensis v. lepida VZ135)
赤みのある刺のスルコ。写真で見て気になっていました。日に透かすといい感じです。
自生地付近の気候
2500~3000m近いところに生えていて、天平丸や光琳玉の自生地に似た気候です。
なので屋外越冬組。夏の方が注意っぽいです。
これだけ陶器の鉢に植わって届いたのもそのへんの理由かな?(@_@)
スルコだとメントーサの刺色の濃いやつも気になります。

昇竜丸
昇竜丸
買おうと思ったけど手に取って置いた来たことが何度かあります。
刺は意外と柔らかいもんですね。
水は控えめにして刺間隔を詰めて管理したいと思います。

バラ丸
今回おまけで付いてきたバラ丸。
あ、そうきたかー。と思いました。これもツルビニでしたね。
サボテンの品揃えを見るとスルコが来るかと予想していました。
蕾付いてます。うちも冬~早春咲きが増えてきました。

ミラーボール
ミラーボール
オ○キよりさらに安くてびっくり。
番号が付いてないってことはブラザーじゃなくてオリジナル?
初夢殿(の膨らんでた頃)に割と似ています。
葉を短く作りたいです。



ニシさんのフェア(in 練馬)は6日に突撃しようかと思います。
駅から歩きなので天気にもよりますが。
国際の新年会にも行ってみたいです。
やっぱりそろそろどこかの会員になっておいた方がいいかなあ。
サボテンTB:0CM:2

その他のサボをまとめて

2008/11/20(木) 20:38:44
今日は、1属1種のものや1つしか持っていなくてカテゴリーに入れていないサボテンをまとめて。

帝冠
帝冠
前の冬は痩せて変色してました。今期はまだ緑でふっくらを保っています。
日焼けには注意して管理しています。

銀牡丹
銀牡丹
春に埋めて植えた部分が地上に出てきたので鉢の深さが足りないのかと思っていました。
最近また少し潜り始めたので、そういう動きをするものなのかも。

フィーレッキー
フィーレッキー
少し大きくなったと思っていたら、また軽く身割れしていました。まだ水が多いのか・・・。
もう1段階水遣りの少ないグループに移動です。



最近こんなサイトを作っています。

さぼでーた(仮称)

持っている植物をまとめた記録は作りたいと思っていたんです。
でも小苗ばかりだし他の人のサイトには敵わないので、他にあまり例のない気候データを中心にやっていこうかと。
まだまだサボテンのみで種類が少ないですが、いろんな植物に広げていけるネタだと思います。
手間がかかるので気力が続くかが問題。まあ地道にいきます・・・(^^;)

調べていると、特別寒さに弱いと言われていないものがかなり温暖な場所に自生していたり、簡単なものと難物が一緒に生えていたりするのに気付きます。
植物はたまたまその環境に生きているだけで、他の環境でも育つものもあれば自生地環境がベストというものもあるんでしょうね。

※追記
ベヌスタの自生地を調べて追加してみました。
暑くも寒くもなく、湿度はかなり高いみたいです。
でも丈夫そうなのでうちではまだ外置き。
サボテンTB:0CM:2

小型のサボ

2008/03/07(金) 23:03:25
買いだめしている黒プラ鉢。これは某店で一番小さい、外径が7cmほどのものです。
うちにはこの鉢で育てているサボテンがいくつもありますが、中でも特に小さいサボテンを紹介します。

フィーレッキー
フィーレッキー
去年4月の様子と比べると、直径はほぼ変わらないけど丸く膨らんで長い刺も増えた気がします。
育ってもサイズは小さく、場所を取らないサボテンです。
秋に水遣りが多かったのか、膨らみすぎて軽く身割れをしてしまいました。
それからは水遣り間隔は長めにとっています。
生長の遅いサボテンは水遣りを焦ってはいけないということですね。(゚ー゚)(。_。)ウンウン
刺がチクチクしそうですが、サボテン自体が小さく軽いので、植え替え時もかる~く持てば素手でいけます。

銀牡丹
銀牡丹
名前は牡丹だけど牡丹類ではない、ウロコのような肌のサボテンです。
生長は遅いですが、群生になれば全体のサイズは大きくなるみたいです。
綿毛が出てふわふわになるものもあるようですが、こいつがそうなるのかは分かりません。
開花まで、さらには最初の子吹きまでいったい何年かかるんでしょうね。
形状のおかげで刺が刺さらないのでとても持ちやすいです。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物・サボテンへ
サボテンTB:0CM:0

フィーレッキー?

2007/04/24(火) 00:39:30
白刺と長い黒刺が気に入って買ったサボテンです。
名前の札にはフレッキーと書いてあったんですが、
調べたところGymnocactus viereckiiのようです。
検索だとフィーレッキーが一番ヒットするのでこの読み方だと思っておきます。
この属はツルビニカルプスに分類される場合もあるみたいで、サボテンってそういう例も結構ありますね。
まだ10円玉ほどのサイズです。そんなに大きくはならない気がしますね。
フィーレッキー01

性質を調べようと検索したんですが、同じ属の他の品種しか分かりませんでした。
そのサボテンは割と強健とのことなので、これも特別気を使わなくても大丈夫なのかな・・・?
サボテンTB:0CM:4
ホーム全記事一覧

カテゴリー

サブカテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 刺窓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。