刺窓
ハオルチア、サボテン、他

プロフィール

柴犬

Author:柴犬
twitterアカウント
ヤフオク

FC2カウンター

にほんブログ村

多肉・サボテンのブログが登録されています。
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

あたかめ

2015/02/25(水) 00:26:16
アタカメンシス
Rodentiophila atacamensis
今はエリオシケに統合されてるかも。だいぶ前に実生接ぎしたもの。あまりぶくぶく膨らませてもらしくないので、台木が枯れない程度にいきます。台を埋め込もうか迷いつつ数年放置。きっと実行するのはさらに数年先。
サボテンTB:0CM:0

鉤刺ちくり

2011/10/01(土) 00:03:40
羅紗錦
羅紗錦。
先週フェアで購入したもう1本のサボ。ほんとはこれの変種があれば欲しかったんですが。縦に伸びやすそうな気がするし、なるべく引き締めていこう。植え替えちゃったけどこいつは秋にも動くんだろうか。動きが見えたら遮光を弱める方向でいってみます。
サボテンTB:0CM:0

埋め込む

2011/04/13(水) 00:07:11
慶松玉
慶松玉。
短毛丸接ぎの台木がだいぶヘタレてきたので、その部分を埋め込みました。腐らず機能してくれるでしょうか。プシス接ぎは準備が面倒なのでもうあんまりやらないかも。中刺に色が付いてきました。フェロにあるような蜜も出てます。アンシストロはスクレロに併合される流れなんでしょうか?実生も残ってますが状態が妖しいです。1本接いでおいて良かった。

アタカメンシス
アタカメンシス。
ローデンティオフィラ(エリオシケ)のあれ。台は短めに切ってあるので、そのうちこのまま埋め込む予定です。今は春だし、いけるところまで液肥ブーストかけます。大株の写真を見るともっと刺が白いです。そのうちそうなってくるんでしょうかね。実生苗の方はまだ径6~7ミリくらい。
サボテンTB:0CM:0

実生のエリオシケ

2010/09/26(日) 21:23:44
今回は、いろいろ統合した広義の意味でのエリオシケで。

アタカメンシス
アタカメンシス。
しばらく成長が止まっていたのがまた膨らみ始めました。台は短めなので、そのうちそのまま埋め込むことになるかな。

アタカメンシス
上のものと同時期に蒔いて正木のままのもの。
成長は少ないけど案外生きてます。接木の保険があるからちょっと安心。

五百津玉
五百津玉。
本数が少なくて心配でした。夏は越してくれたようです。

ブルボカリックス
ブルボカリックス。
これもエリオシケでいいんだろうか?このへんの分類のトレンドがよく分かりません。検索して写真を見ると強い白刺の密生したサボです。
サボテンTB:0CM:0

饅頭咲いた

2010/05/22(土) 21:49:13
翠冠玉
翠冠玉。
朝からしっかり晴れていた日にタイミングよく写真に撮れました。体の方もだいぶパンパンに。毛をフワっと保つために頭からは水をかけないようにしています。逆にまだ毛が発達していないチビには意識して頭からかけています。

翠冠玉
これは3月の時の姿。
水を吸っていないようで縮んでシワが寄っています。真冬はこれよりさらに縮んでいました。

銀牡丹
他にも銀牡丹が咲いてました。
かなり小さいものを買って2年とちょっと。うちでは初めての花です。成長は遅い方ですが、じわりじわりと大きくなっています。
サボテンTB:0CM:0

実生接ぎその後とか

2010/03/13(土) 13:18:52
慶松玉
慶松玉。
色付きの刺がまだ出てきません。まだ先なのか黄刺のままの個体もあるのか。台の短毛丸がちょっとヘタレてきたのでどうしようか考えてます。とりあえず次の植え替えで埋め込んでみるかな。
去年6月の写真。

アタカメンシス
アタカメンシス。
去年の夏に接いで、秋に台を短めにカットして植え込んだものです。穂が新刺出してるので台の状態は大丈夫でしょう。癖がありそうで1本保険に接いだけど実生苗も脱落なし。

ギガンテア
ギガンテア。
記録を見ると08年5月の実生でした。元がブラジルあたりの産なのでもちろん冬は室内保護。この大きさだとあまり断水はしてません。今まで暑い時期にグンと成長してます。表面が鹿沼土だと苔がえらいことになるという失敗例。
去年7月の写真。
サボテンTB:0CM:0

竜神木接ぎ

2009/09/23(水) 23:28:15
サボテンの基本は正木だと思うんですけど、実生苗と台木の数に余裕があればとりあえず1本、と接いでみたくなります。クセのあるものは保険にもなりますし、種採り用にも。小さな苗がサボテンらしからぬ早さでモリモリ大きくなるのを観察するのも楽しみです。ただ扁平に保つのが無理だったり締まりがなくなったりするのが難点です。

アタカメンシス
アタカメンシス
7月上旬の接いだ直後
接いでから1ヶ月程度で一気に大きくなりました。そこからの変化は少ないです。刺の形状はそれらしくなってきました。台木の脇芽に接いでいたもので、現在切り離して発根管理中です。

クラシキー VZD266
クラシキー VZD266 Buendia Dur
これも順調に膨らんでいます。もう少し大きくなればトリプギオナカンサとの比較ができそうです。画像検索すると刺の強さだけでなく出方や色にも個体差(もしくは地域差?)がありそうです。

トリプギオナカンサ L1464
トリプギオナカンサ L1464 Huejuquilla Zac
だいぶ顔が見えてきて色の付いた3本刺も出てきています。最近縦に伸びてきたので降ろしたくなったんですが、開花株になるまで待った方がいいか迷っています。
サボテンTB:0CM:0

袖の味

2009/09/13(日) 18:37:38
袖ヶ浦
プシスの花粉を付けてみた袖ヶ浦が結実しました。この記事を参照。

袖ヶ浦
しばらく放っておいたら裂けてきたので収穫。

袖ヶ浦
皮を剥いて、半分に切ってみたところ。
果肉は白いようです。画像検索してみたところ、見た目は白のドラゴンフルーツに近い感じかな?で、ちょっとだけ食べてみました。酸味はほとんどなく、多少甘みがありました。ドラゴンフルーツを食べたことがないので似ているかどうかが分かりません。その後は種の収穫、これが大変でした。ある程度とれたところでめんどくさくなって終了。実の中ですでに発芽していたものはすぐ蒔いてみました。
サボテンTB:0CM:2

水なんていらねえよ、夏

2009/09/02(水) 19:35:24
黒王丸
黒王丸。
夏は無事乗り切ってくれたかな?調子を崩すなら冬より夏の方が多そうなやつですからね。今年3月の様子から比べると、膨らんだけど主に縦方向のような気が。正木のもの(特に輸入球なんか)は水やり年1回とか、もしくはほとんど霧吹きのみで育てる人もいるらしいです。うちは台付き降ろしのため成長期の最短で月1回とかでやっちゃってますが、もっと減らしてもいいのかも。
だいぶ前に、1本刺の輸入球がオークションに出ているのを見たことがあります。2本刺はあっても、ほぼ全体が1本刺ってのはなかなか見かけない気がしますね。

黒王丸
台付きだからか、アレオーレもさもさ。
サボテンTB:0CM:0

ねんがんの

2009/08/20(木) 19:25:44
くろとげたいへいまるを てにいれたぞ

黒刺太平丸
ということで、やっと手に入りました。上から下まで黒刺の太平丸です。ある種、黒王丸のような雰囲気も(国内実生の白くないやつ)
小平丸なら黒刺は時々見かけてたんですけど、もうちょい刺の強いのが欲しくて。ただ接ぎ降ろしなんで刺の長さ太さは元々の素質じゃない可能性も。交配親にしたいと思います。将来的には他の太平丸とかけて刺の強いのを目指したり、他の種類に黒刺をもっていったりという夢が広がります。黒刺神竜への第一歩~。

翠冠玉
1つだけじゃ送料がもったいないので買った翠冠玉。
毛ものは好きなのにロホホラは小さいのしか持ってなかったんです。眺めるにはこのくらいのサイズがあった方がいいなあ。ロホホラの毛は大きくなるまで本格化しないらしいですからねぇ。子を外すかは植え替えの時に考えます。
サボテンTB:0CM:0
ホーム全記事一覧次のページ >>

カテゴリー

サブカテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 刺窓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.