刺窓
ハオルチア、サボテン、他

プロフィール

柴犬

Author:柴犬
twitterアカウント
ヤフオク

FC2カウンター

にほんブログ村

多肉・サボテンのブログが登録されています。
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

白花でした

2007/06/11(月) 18:52:26
ニョキニョキ・・・
短毛丸

パカッ(・∀・)
短毛丸

正面から
短毛丸

短毛丸が夜10時頃、開花しました。開花写真は次の日の朝のものです。
花の直径は9~10cmくらいでした。
白花ってのは暗闇に映えますね。
夜咲きのサボテンは当日の天気に左右されずに咲いてくれるようです。
丸一日くらいはもちそうなので見逃さずに済むのもいいかも。
あまりいい匂いではないという話も聞いたんですが、普通の花っぽい匂いが微かにしました。
サボテンTB:0CM:7

猫被害

2007/06/07(木) 22:01:08
夜中に近所の猫同士の乱闘に巻き込まれたらしく、外に出している鉢が倒されていましたΣ(゚д゚lll)
サボテンによく猫の毛がついていたので、通り道になってるのは知っていたんですが・・・
6号鉢の短毛丸を倒すとはなかなかのパワーです。
それ以上の大きさの袖ヶ浦は流石に無事でした。
猫よけのトゲトゲつきのシートがあったのでサボテン周りに置いておきましたが、サボテン鉢を吹っ飛ばすやつらに通用するんでしょうか。

蕾が大きくなってきていたところなので、ちゃんと咲いてくれるかちょっと心配です。
倒されただけで中身は出なかったので、表面に赤玉土を加えるだけで済みました。
見た感じでは蕾も子供も異常なしです。
短毛丸

金盛丸の鉢は中身が全て出ていました。
2つの金盛丸の刺が触れ合いそうだったので植え替えにちょうど良かったです。
金盛丸

サボテンTB:0CM:6

さすが短毛丸

2007/06/01(金) 00:13:52
短毛丸の蕾が二つになりました。
写真で比べるまで気付きませんでしたが、短期間でずいぶん大きくなっています。
ちゃんと横にも大きくなるのは(・∀・)イイ!!
直射日光と雨の当たる屋外で放っておくだけでいいし、日本の気候によく合うと言われるのが分かりますね。
短毛丸

2ヶ月前、うちに来たばかりの頃です。
短毛丸

短毛丸 蕾一気にニョキニョキとくるのかと思ったら、蕾は意外と伸びるのに時間がかかるようです。

短毛丸 子供子供もサボテンらしくなってきました。
サボテンTB:0CM:4

なんか生えてきた

2007/05/14(月) 20:19:20
軒下に半放置中の短毛丸を見たら、蕾と子供がついていました。
蕾1つ、子吹き3つを確認できました。
交配のために世界の図や袖ヶ浦と同時に咲いてくれると一番なんですけどね~。
子供はいくら増えても構わないのでポコポコ出てきてね。ヽ(´ー`)ノ
短毛丸

左が蕾で右が子吹きです。
短毛丸・蕾と子吹き
サボテンTB:0CM:4

ツヤツヤ緑

2007/04/16(月) 22:24:29
エキノプシスの金盛丸です。ツヤツヤの肌で明るい緑がいいですね。
短毛丸と同じで育てやすく成長も早いみたいです。
鉢は大きめにしておきました。
これもそのうち台木としても使えるのかな?
金盛丸01
サボテンTB:0CM:0

茶膜が気になる短毛丸

2007/04/08(日) 16:34:54
前々から一つ欲しいと思っていた短毛丸です。
民家の軒下にはあるけど、意外と店には売ってないんですよね。
日本の気候に良く合い、路地植えもできるくらい丈夫だとか。
ただ、下の方に茶膜がかなりあるのが気になります。
接木用という名目で売っていたので状態がそんなに良くないんでしょうか。
成長速度の早さで目立たなくなってくれるといいんですが。
根腐れを注意しなければならない他のサボテンに比べると、水遣りを多め、土も肥料分多め、鉢も大きめで実践してみました。
フレーム内に入れておいたんですが、日当たりのいい上段に置くと鉢がデカイので他のサボテンの日当たりが悪くなり、下段に入れるとあまり日に当たらない。
特に丈夫なサボテンということなので外の軒下に移動させました。
一日中たっぷり日に当たり、雨も少しは防いでくれる場所のはず。
短毛丸01

こっちは短毛丸の斑入りで、世界の図。
斑回りは細かく散っていてなかなかいいんですが、これも下の方に傷があります。
こっちは4号鉢であまり場所を取らないのでフレーム内でぬくぬく育ってもらいます。
世界の図01
サボテンTB:0CM:6
<< 前のページホーム全記事一覧

カテゴリー

サブカテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 刺窓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.