刺窓
ハオルチア、サボテン、他

プロフィール

柴犬

Author:柴犬
twitterアカウント
ヤフオク

FC2カウンター

にほんブログ村

多肉・サボテンのブログが登録されています。
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

2008年最後は実生苗で

2008/12/30(火) 15:16:44
今年最後は実生苗で。
興味のない人には特につまらない記事になっていることでしょう(^^;)
上から4枚までが前回の植え替え記事から2ヶ月ほどです。
見たところ植え替え後の脱落はほとんどないです。
写真が多くなったので個別管理のものは無しで。

実生苗1
今日上げた中ではこれだけ外管理。
数があるのと比較的耐寒性がありそうだからです。
今のところ平気そう。

実生苗2
金冠竜とか刈穂玉とか。
刺色観察が楽しみ。

実生苗3
色々寄せ集め。
左の方はまだ小さいのばかりなので水切れ注意。

実生苗4
三稜柱。太くなってほしい。
あちこち暴れ気味。

実生苗5
フェロが窮屈そう。
紅鷹はまたいい刺出してきました。やはり冬の方が・・・?

実生苗6
ランポーが目立ちますね。

実生苗7
マルソネリ、亀甲紅葉系のヘキラン、うちで採れた花牡丹。
花牡丹の父親の見当がつく日は来るでしょうか。

実生苗8
三稜柱にフェロに花牡丹。
大人の苗だったら無茶苦茶な組み合わせですね。

実生苗9
上の方の空いているスペースは夏に綾波の数が減ったから。
そういやカプトメデューサは発芽率100%でした。

実生苗10
フェロやエキノカクタスなど。
太平丸はものによってほぼ消えるのと生き残るのに分かれました。
大竜冠はかろうじて残っています。

ハオ実生
ハオ実生。
脱落は発芽直後から駄目っぽかった1本だけ。
最近成長が鈍っている気がしたので、湿度を上げてみようかと思いました。
サボ実生で使っていたフタを乗せています。
サイズが合っていないうえに歪んでいるのでいい具合に通風が調節できる、はず。


では良いお年を~。
サボテンTB:0CM:4

ブラジルの草

2008/11/09(日) 14:13:49
ブラジル原産と思われるものを載せてみます。
このあたりは寒さに弱いものが多いので早めに室内に取り込んでいました。
写真も元気な姿のうちに撮っておこうと。

ハオルチアが南アフリカ雑草なら、ディッキアはブラジル雑草!
雑草っぽく生えてるかどうかは知りませんけども(^^;)

マルニエル・ラポストレー
マルニエル・ラポストレー
ディッキアの中じゃ国内で出回ってる方なんじゃないでしょうか。
即売会等でも何度か見かけました。
個体差もあるけど、小さいうちに葉が細いものも大きくなると太葉になってくることがあると聞きました。
アガベみたいな変化をするんでしょうか。

ディッキア不明種
ディッキア不明種
輸入の種からの実生だそう。
根元からいくつか子吹きしてます。
ディッキア2つは室内置きで日当たりが悪くなったのが悩みです。
初の冬越しはうまくいくのか・・・。


ここからはサボテン。
ペクチニフェラ
ペクチニフェラ
こいつは直射日光に当てて撮った方が肌の質感が出ていいかも。
入手時と比べると少し横に膨らみどっしりとしてきました。
あとは刺座が繋がってくればもっといい雰囲気になるのになあ。
年単位で見なきゃ違いが分からない。そんなサボテンが結構あります。

プセウドペクチニフェラ
プセウドペクチニフェラ
こっちはあんまり変わってないです。稜を見るとむしろ痩せたような・・・?→入手時
膨らんでくれば変わるでしょうが、それは来春以降でしょうね。

ギガンテア
ディスコカクタスのギガンテア。(トリコルニス変種らしい?又は園芸品種?)
今年の春実生で、夏に目に見えて大きくなりました。結構成長が早い感じです。
寒さに弱い種類の実生ということで、一番注意しています。
いくつか肌色が茶色っぽいのがいて、一時的なものじゃなければ面白いです。
サボテンTB:0CM:6

植え替え地獄は続く

2008/10/25(土) 22:11:19
隣の苗とくっついてきたものを中心に植え替えています。
小さい容器がいくつもだと水遣りが面倒という理由もあり。

サボ実生その1
これはフェロ中心。

サボ実生その2
これもフェロ。
勝手に参考にさせてもらっている某サイトによるとフェロはスクレロの台木として使えるらしいので、スクレロの実生ができればやってみたいです。
白紅山をもう1つ買って自家採りを目指すのもいいかと思ったり。
大竜冠をフェロに接いでみるってのはどうだろう。
なんかいけそうな気はするんですけど、台木が使える大きさになるまで大竜冠が生きているかどうか・・・。

サボ実生その3
色々寄せ集め。

三稜柱
三稜柱も容器に隙間がないぐらいぎっしり詰まっていたので植え替え。
今年の5月実生で大きいのは長さ6センチくらいになってました。
台木として使うにはもっと太くなってもらわないと。

ハオ実生その1
ハオ実生も定期的に撮っています。
こっち側は初夢殿×ベヌスタ。葉にギザギザが出てきたものがあります。
毛もいつか現れるかな・・・。
茶色く染まっているのも日焼けじゃなければ面白いかも。
右の方に祝宴錦×ピグマエアが少しあります。

ハオ実生その2
こっちはピクタ。やはり葉が短い感じがします。
これから葉の模様がどう出るか観察するのが楽しみ。

エボリスピナ
アガベ実生も秋から始めました。これはエボリスピナ。
うーん、ヒョロヒョロだ。
サボテンTB:0CM:4

実生苗ピックアップ(その2)

2008/09/02(火) 23:51:04
黒牡丹黒牡丹
発芽して1年ちょっと経過。疣はやっと3つめが出てきました。ものすごく生長遅いです。

ロイヤル玉牡丹 エロンガータ 竜角牡丹上 ロイヤル玉牡丹、左下 エロンガータ、右下 竜角牡丹
玉牡丹系は亀甲系よりは生長が早いということなので、↑の黒牡丹ほど動かないってことはないと思いたい。竜角はなんか色が薄いです。

花牡丹花牡丹(父不明)
取り蒔きなので発芽率も良かったです。母株はコレ。かなり数があるので1つぐらい接いでみたいんですが、台木の準備ができていません。

ニコリー雷帝×雷帝ニコリー雷帝×雷帝
ほんの少し刺が出てきました。ニコリー寄りから雷帝寄りまで揃ってくれると嬉しいです。白肌真っ黒刺なんてのが出てくれるともう最高。

大竜冠大竜冠
真ん中あたりの5つが大竜冠で、まわりはフェロとか太平です。疣が発達してきたフェロ実生苗と違って、アレオーレが目立っています。

クラシキー KKR339クラシキー KKR339
トリプギオナカンサと似たようなコリファンタで、今のところこっちの方が刺の間隔が空いています。

トリプギオナカンサ VZD238トリプギオナカンサ VZD238
白い刺が密な感じです。↓のと同時期の実生で、こっちのナンバーの方が生長早いです。

トリプギオナカンサ L1464トリプギオナカンサ L1464
左下のは斑入りでしょうね。生長点から葉緑素も出てきたので一安心。接ぎ木の技術がもっとあれば迷わず接いでいたと思います。

紅鷹紅鷹
冬場の方が刺が太かったように見えます。本体が小さかったからそう見えたのもあるかな?

鶴巣丸鶴巣丸
真ん中2列です。右の方に刺の長い子がいて、左の方には黒い刺がいます。

ムスクラムスクラ
もさもさしてきましたが、上にも伸びてます。もっと大きくなったら日照強めていきます。

五百津玉五百津玉
クセがありそうなので保険のために1つ接いでおきたいです。黒刺が見られるのはいつ頃でしょう。

サボテンTB:0CM:6

実生苗ピックアップ(その1)

2008/08/29(金) 23:34:29
夏に駄目になった実生苗は少なかったです。
まずはアストロとギムノ中心で。

兜
まだどういう白点模様になるか見当が付きませんねー。確か錦の種ですが斑入りは無さそうです。初めて実生した時のものなので、生き残っているだけで十分でしょうか。

白ランポー玉白ランポー玉
1つ白点の薄いのがいます。ギンサとかそういうタイプになるんでしょうか。右下のはたぶん水がかかっただけかな、と。

亀甲ヘキラン亀甲ヘキラン
全体的になんとなく稜の感じが違うのでこれが亀甲になっていくのかな。真ん中あたりに錦か紅葉っぽいのがいます。

紅葉亀甲ヘキラン×亀甲ヘキラン紅葉亀甲ヘキラン×亀甲ヘキラン
赤いのがほとんどです。亀甲らしさはまだ確認できません。

黄刺大鳳玉黄刺大鳳玉
右側のは錦になるかもしれません。刺はまだほとんど出てきません。

瑞鳳玉 大鳳玉左 瑞鳳玉、右 大鳳玉×水牛
ランポーや般若に比べると生長が遅いです。体は小さいけど刺は上の大鳳玉より出てきてます。

般若般若
左の1つは裸般若になりそうです。生長が早くてびっくりしましたが、流石にプシスに追いつかれました。ライオンとかゴジラと呼ばれる複隆般若がいつか欲しいです。

カプトメデューサカプトメデューサ
にょきにょき伸びてきました。発芽率も最終的には良かったです。一番上の子がなんか変な模様になってる・・・

九紋竜九紋竜
同時期に蒔いたギムノの中では現時点で刺が一番強いです。ちょっと意外でした。

緋牡丹錦緋牡丹錦(になりそうなのは少ない)
やっと少しは大きくなってきました。これも初実生の生き残りです。良斑を目指すなら自家採種でドカ蒔きしないと難しいんでしょうね。左側の子がちょっと望みあり?

魔天竜魔天竜
この中じゃ左下の子が刺が強そう。直刺系かうねった感じになるのかまだ見えてきません。種は守金系のものです。

剣魔玉剣魔玉
刺が白っぽいのと黒っぽいのがいます。どうせなら違う色に育ってほしいです。魔天竜に似たものになるかと思ったけど、なんとなく雰囲気が違います。

サボテンTB:0CM:0

プシスの様子

2008/08/13(水) 19:26:29
短毛丸
2つ同時に咲いたところをやっと撮れました。
花のタイミングが合わなかったり豪雨で花が駄目になったりで写真に残せなかったんです。
うちの短毛丸の花は微妙に良い香りがします。

世界の図
去年に日焼け+子吹きのしすぎで調子を崩していた世界の図。
ふくらみ始めてきました。
一番元気だった頃から比べるとまだ小さいですが、上の方が良い感じの散り斑になってきたような。

金盛丸
あまり見せられる状態じゃないんですが、最近の金盛丸。
接ぎ木に失敗して放置していたら子吹きだらけになりました。
中心部が膨らんできたらまた何か接ぎなおそうと思っていたのに。
短毛丸に比べて深くまで切らないと維管束が出てこなかったので、台木としては使いにくいかもしれません。

慶松玉
短毛丸に接いでから約1週間経過した慶松玉。
この雰囲気はくっついたっぽいです。

トリプギオナカンサ L1464
プシスじゃないけど接ぎ木つながりで。
駄目になるかも?と言っていたトリプギオナカンサ。その時の様子
茶色くなっていた部分を突き破って生長を再開しました。
もう大丈夫そうです。刺の生長具合を楽しみにしてます。
サボテンTB:0CM:0

接ぎ木不調

2008/07/13(日) 11:10:21
接ぐのが下手なうえに穂木を何者かに食われて、最近接ぎ木したものが壊滅状態です。
痕跡から見て主犯はナメクジだと思われます。こいつはオルトランくらいじゃ嫌がらせにもならないんですね。
何匹か捕まえましたがすでに遅かったです。
やられたのは全て袖ヶ浦に接いだもので、軒下放置が長くて土に何か住み着いていたか、有機肥料の入れすぎで誘引したのかもしれません。
棚に入れていた他の接ぎ物は被害が出なかったんですが、持ってる袖は長くて入らないんです。
穂木部分に被せてある紙のキャップを食い破って(溶かして?)中身を食っていきます。
セロテープで紙の部分を覆ってもどこかの隙間から入ったみたいで。
大竜冠の実生接ぎが活着した途端に食われたのは痛すぎる・・・
胴切りして接いだ紅鷹は体にトンネル開けられてました(ノД`)

トリプギオナカンサ L1464
トリプギオナカンサ L1464
棚に入れていたので被害を免れました。
でも下の方が茶色くなっていたり生長点の色が妖しかったりで、駄目になるかもしれません。
キャップを被せていた期間が長くて煮えたか、接ぐのが早すぎたんでしょうか。
接いだのは発芽1週間程度で、遅れて発芽してきたやつがちょうど1つあったんで使っちゃったんです。
あんまり早いのも良くないってほんとかも?

黄鳥丸
これは順調に育っている黄鳥丸。
2月24日
3月26日
比べると生長が分かります。
疣も目立ってきて、もうしっかりフェロのミニチュアになってますね。
台木の短毛丸から子吹きがすごいのですが、もぎ取った5mmくらいのカキコを捨てずに転がしておいたらいくつか根付きました。
さすがにプシスは生命力がすごいなあ。


夜冷やすメンバーに、熊童子白斑2鉢と氷砂糖を追加しました。
白熊は去年葉っぱが減ったのを忘れてました。
コチレドンもベンケイソウ科なのでたぶん効果あるんじゃないかと。
氷砂糖は斑が増えてきているし、名前的にいかにも溶けそうだったので(^^;)
サボテンTB:0CM:2

春蒔きサボの経過

2008/06/21(土) 23:19:24
今日は画像多いです。
黄金冠、神仙玉、太平丸はちょっと前に載せたので除外。

牡丹類上 竜牙牡丹(エロンガータ)
左 竜角牡丹
右下 ロイヤル玉牡丹
竜牙牡丹と竜角牡丹は届いた時に種が半分くらい砕けていました。とりあえず全部蒔きましたが、発芽しなかったりカビが発生したりですでに数が少ないです。玉牡丹は発芽率も良く順調です。

剣峯綾波 剣峯
ふっくらして順調そう。数も多いです。長刺なのが多く出てほしいです。

大竜冠大竜冠
うちで蒔いた中ではInyo産のものが発芽率が良かったです。健康な苗が少なく、種の殻を脱ぐまでが最初の難関に思えます。発芽まで日数がかかり、発芽し始めてもタイミングがバラバラでした。


旧来赤刺天平丸旧来赤刺天平丸
刺が体から離れたタイプだとは思うんですが、どんな刺色になるかは情報がないので分かりません。種の数が多いので2/3くらいは秋に蒔くために残してあります。

猫爪天平丸猫爪天平丸
種は一応錦のものです。1つくらいは斑入りが出て生き残ってくれると面白いです。どこかのサイトで猫爪天平丸を見てから欲しかったんです。これも半分くらい残してあります。

象牙丸象牙丸
発芽したのは確認していましたが、1週間くらい見ていなかったら急に大きくなったので驚きました。このままぐんぐん大きくなってほしい。白刺強刺の名前通りなのが出てくるといいなあ。大疣なタイプにも興味あります。

グリーンウッディグリーンウッディ
象牙丸と同じ環境ですが丈は少し低い感じ。多毛なのを期待します。

カプトメデューサカプトメデューサ
1本、疣(?)が出てきました。接ぎ木するとあっという間に開花株に生長するらしいです。接ぎ木下手なので数が少ないとなかなかやる気になれません。

ギガンテアギガンテア
ちょっと試してみたいことがあって、こいつだけ鹿沼土メインの土にしています。ディスコだと他にエステベシーってのが欲しいんですけどなかなか売ってません。

慶松玉慶松玉
やや性質にクセがあるらしいです。発芽率は割と良かったです。

五百津玉五百津玉
蒔いてから1ヶ月以上過ぎてやっと発芽してきました。ちょっと諦めかけていました。


三稜柱三稜柱
台木用です。接いだ時の性質が分からないので気になります。他のよりちょっと肥料分多めにしました。
サボテンTB:0CM:4

大統領の花と実生苗植え替え

2008/05/26(月) 23:53:26
大統領
今年も大統領の花が咲きました。
花はちゃんと咲くけど体は全然大きくなりません。
冬季の凹みは流石に戻りましたが。
紅鷹や緋冠竜の実生苗も早く大きくならないかな~。
緋冠竜の実生は1つ斑入りらしきものがいます。

実生苗
最近発芽した苗の植え替えを始めました。
100円ショップでいい感じの浅鉢を見つけたので使っています。
4号が3つ入り、5号が2つ入りと値段も悪くないです。
これはフェロ2種と太平丸です。
去年春蒔きしたフェロはカビが大発生したので、今回はもう覆い無しでいきます。

発芽実験では、太平丸に関してはそこそこ発芽しました。
大竜冠は発芽しかけて力尽きたのが多いです(- -)
大竜冠は太平丸よりさらに発芽率が悪いものなのか、それとも何かコツでもあるのか・・・
現時点の結果はこんな感じ
発芽率
これといってはっきりした結果が出ませんでした。
小平丸×ニコリー雷帝は去年発芽しなかった種の蒔きなおしが含まれています。
太平丸系は発芽しかけを含めていないので、たぶんもう少し数が増えます。

pH調整した水を保管しておいたらカビが発生しました。
水を毎回作り直すのは面倒なのでこのへんで終わりにしようかと。
太平丸も全部一緒のところに植え替えちゃったし。
未発芽のものを乾かして、今度はメネデールを使ってみようかと思います。

他の実生苗も順次植え替えしていきます。
サボテンTB:0CM:0

種が届いた

2008/05/12(月) 23:29:01
種
最近買った種が届きました。
ロイヤル玉牡丹
竜牙牡丹
特大疣竜角牡丹
強刺白刺象牙丸
多毛豪刺グリーンウッディ
金子キガンテア
剣峯(綾波)
旧来赤刺天平丸
猫爪長豪刺天平丸錦
の9種類。

天気の良くなりそうなタイミングを見て蒔きます。
いつもの使い捨てコップにも穴を開けて準備完了。

赤刺天平丸はさすがに真っ赤な刺ではないんだろうなあ。
たぶん赤茶色とかちょっと赤みがある程度だと思いますが、新刺だけでも真っ赤だと嬉しい。
猫爪のはなぜか錦の方が粒数が多かったんです。
天平丸は秋蒔きの方が調子が良かったので、半分以上は秋に残します。

竜牙牡丹は初めて聞く和名です。
検索すると、三角牡丹エロンガータのことかなと思います。
牡丹はすごく生長が遅いので、実生接ぎの成功率を上げたいところです。

発芽0の種がありませんよーに( ̄人 ̄)

エキノカクタスの実生ではpH5.6のものから追加で1つ発芽しました。
水道水 0/21
pH5.6  3/25
pH4.0  1/28
全体的に少なすぎるのは最近の天気の悪さで温度が足りないのかもしれません。
まだはっきりした結果は出ませんが、あまり発芽していない慶松玉と、いまだ発芽0の魔天竜をpH5.6の腰水にしてみました。
サボテンTB:0CM:2
<< 前のページホーム全記事一覧次のページ >>

カテゴリー

サブカテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 刺窓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.