刺窓
ハオルチア、サボテン、他

プロフィール

柴犬

Author:柴犬
twitterアカウント
ヤフオク

FC2カウンター

にほんブログ村

多肉・サボテンのブログが登録されています。
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ねんがんの

2009/08/20(木) 19:25:44
くろとげたいへいまるを てにいれたぞ

黒刺太平丸
ということで、やっと手に入りました。上から下まで黒刺の太平丸です。ある種、黒王丸のような雰囲気も(国内実生の白くないやつ)
小平丸なら黒刺は時々見かけてたんですけど、もうちょい刺の強いのが欲しくて。ただ接ぎ降ろしなんで刺の長さ太さは元々の素質じゃない可能性も。交配親にしたいと思います。将来的には他の太平丸とかけて刺の強いのを目指したり、他の種類に黒刺をもっていったりという夢が広がります。黒刺神竜への第一歩~。

翠冠玉
1つだけじゃ送料がもったいないので買った翠冠玉。
毛ものは好きなのにロホホラは小さいのしか持ってなかったんです。眺めるにはこのくらいのサイズがあった方がいいなあ。ロホホラの毛は大きくなるまで本格化しないらしいですからねぇ。子を外すかは植え替えの時に考えます。
サボテンTB:0CM:0

三稜柱

2009/08/08(土) 16:22:17
三稜柱
実生の三稜柱がだいぶ伸びてきました。 去年6月去年10月
記録を見ると去年の5月頃に種蒔きしたものです。これと違う鉢の、適当な培養土に植えたものが一番育っています。ある程度の大きさになると稜が減って、三稜かもしくは四稜くらいに落ち着くみたいです。
台木として使うにはちょっと細い気がします。でも降ろす前提なら大丈夫でしょうか。とりあえず1本実生苗を接いでみました。

柱サボだと他に袖ヶ浦の受粉に成功してそろそろ実が外せそうです。
サボテンTB:0CM:2

短毛ターボ

2009/06/22(月) 17:59:28
慶松玉
慶松玉。 約3ヶ月前
ここにきてぐっと成長しました。刺色はまだ出てきません。これも台がへたれ始めたら頃合を見て土に埋め込んでいく予定。

最近蒔いたものを何種か竜神木に接ぎました。下手なんで今回も1発では活着しそうもないです。短毛丸は準備するのを忘れてました。
サボテンTB:0CM:2

南米の王様

2009/03/14(土) 16:20:55
黒王丸
黒王丸。
4号ラン鉢から4.5号ラン鉢へ植え替え。
三稜柱が埋まっています。このサイズで縦に伸びたり形が崩れても困るので土は台木用ではなく並のサボテン用で。根の写真も撮っておけば良かった。竜神木や袖ヶ浦の根も撮っておけばいい比較になったのに・・・。
蝋膜を被った白肌の黒王丸もいつか持ちたいです。サイズは小さいのでいいから。


ゴジラ
ゴジラも植え込み完了。8号鉢に植えました。周りのスペースが勿体無いし短毛丸でも植えようかな。
土を入れてもなかなか自立しないので、片手で苗を持ちながらもう片方の手で土をブレンドして入れるハメに。作業も終わりの方になってから、何かで固定しておけばいいことに気付きました。


大物を植えたら土の買い置きがなくなったので買い溜めをしに行きました。
全部で6袋、85リットルくらい。しばらくは大丈夫でしょう。
軽石の細粒が新入荷されてるのが良かった。実生苗やハオのチビ苗に使えそうです。
サボテンTB:0CM:2

もっと赤く

2009/01/26(月) 22:04:02
最近通販で買ったものが届きました。

エステベシー
エステベシー
欲しかったディスコカクタスです。もっと刺が赤いのもあるらしいんですが、画像を調べても赤の鮮やかなのは見つかりません。良さそうなのを見つけたらもう1本手に入れてそこから実生をしてみたいと思えてきます。
この時期に寒さに弱いのを買うのは心配でした。まあ実生苗のディスコも平気そうなので、こいつは水を切ったまま室内管理でなんとかなる・・・はず。
いつか花の香りを嗅ぐのも楽しみ。

ウィミー交配種(313)
ウィミー交配種(313)
これはおまけで貰ったもの。今のところ葉は短めで緑っぽい感じ、ケバはまだ少なめでしょうか。どんな風に大きくなるか楽しみ。


今回の買い物の主役は載せていません。「未発根の干物を買ってしまいそう」と言っていたものです。昨年末から目を付けつつ迷っていて、まだ残っていたので思い切って買ってみました。高かったけど錦帯橋3つ買ったと思えば・・・もしくはナンバー付きベヌスタ6つ。室内管理なので表面のダイシストンを捨てていたら健康そうな根が見えました。「売れないまましばらく経ってるから発根してるかも」という予想が当たったー(・∀・)
まだ緑で全然らしくないです。いかつく化けるといいな。いきなり枯れると情けないんでうちの環境に少し慣れてきてから載せます。
サボテンTB:0CM:2

温室妄想

2008/12/21(日) 21:42:42
そろそろ簡単な温室を作ることを考え始めました。現実的に、使えるスペースは1.3m×3mくらい。
今から作ってしまうと室内越冬組の日当たりが悪くなるので、春以降の予定です。

プラン1
既製の温室を買ってしまい自分で組み立て。基礎を作るかコンクリートの土台にアンカーを打つ。
意外と安いのが1つ見つかったが、使えるのが細長いスペースなので収まらず却下。

プラン2
完全に自分で作る。
木材か、鉄・アルミのパイプで骨組みを作りポリカで囲う。
・・・強度と耐久性が気になる。

プラン3
テラス屋根だけ既製品で付けてもらい、側面を自分で作る。
これがいいかも。見た目がたぶんアンバランスなのはキニシナイ(゚ε゚)。

骨組みに使えそうなものとしてイレクターパイプというものに注目してます。
既製の屋根である程度雨を防げば耐久性も上がるだろうし。
ブロックの基礎あたりまで業者にやってもらえばもっと丈夫になりそう。
ポリカは紫外線を通さない加工がしてあるので、強刺類などのために一部分にビニールやガラスの箇所を用意しようかと。
最低限人が入れる大きさに。防犯のために出入りは家の中からしか不可能にしようと思います。
とりあえず加温設備は無しでいいとしても、換気扇か扇風機くらいは欲しくなるだろうなあ。
となると電気が必要。あ、夜作業するのに電灯もあった方が・・・っていくらかかるんだろう。


文だけなのもあれなので最近撮ったものでも。
黄鳥丸
黄鳥丸
接いでから1年とちょっと経過
時期によって最初から黄刺を出していたこともありました。

慶松玉
慶松玉
ちゃんと活着して成長しているみたいです。
刺色が出てくるのはもう少し先でしょうか。

トリプギオナカンサ L1464
トリプギオナカンサ L1464
一段階太い刺が増えてきました。
刺が黒くなるのも楽しみにしてます。

黒王丸
黒王丸
刺物はアレオーレも好きなポイント。刺ともさもさの対比。
黒王丸を刺物というのは微妙かな?

ピクタ
花芽を伸ばすピクタ
各地のブログを見ると今の時期に花芽を伸ばしている記事が結構あります。
もしかしてピクタってそういうもの?
各種の大まかな開花時期が載ってるところってないかなあ。
根元に見えている2本目の花芽がもしかしたら何かと合うかも。
ムッチリには戻ってないけど、それほどベコベコでもないし扁平だからいいか・・・。

ピリフェラ錦
ピリフェラ錦
まだかろうじて形を保っています。約2ヶ月前よりちょっと葉が開きました。
葉の外側に葉緑素が多く内側は斑が多いです。
意外とそのへんが伸びない要因の1つ?と予想。
サボテンTB:0CM:4

早咲き雪晃とついでに色々

2008/12/14(日) 18:49:44
雪晃
1週間くらい前から雪晃が咲いています。
これは雨でも夜でも咲き始めたらそれほど閉じません。
開花のピークはもうちょい先でしょう。
実は乾燥させてから外そうと思っていたら、なんとなくそのままになっていました。
花ガラだけ切りました。

セダム ヒントニー
もさもさっぷりが少し上がったセダム ヒントニー
寒いのは平気そうです。

レイトニー TL
直射日光に晒しているレイトニー TL
赤いのですが窓がスモーキーになってきたような。
少し遮光してた10月の時の方が透明感がありました。
さらに水を切れば赤みが増すでしょうか。葉をカラカラにはしたくないんだけどなあ。
水栽培の方は根が1センチくらい伸びてきました。

大型紫オブツーサ
大型紫オブツーサ
紫に染めようと外に出してしばらく経ちましたが、余裕で緑色してます。
結構紫だった夏場
君は夏の方が紫になるの?(^^;)

黒大窓オブツーサ
黒大窓オブツーサという名前で買ったもの
まだ小さいので室内組。
やや濃いめの色をしています。どう育つか楽しみ。
結構大きくなるというのは買った方から聞きました。

チョコレート
チョコレート
冬の方が染まりそうなイメージはあるのですが、割と年中茶色いですね。
葉が伸び気味かな。寄せ植えで遮光多めのところにいた期間が長かったので。

ベヌスタ
ベヌスタ 2つ持っているうちの大きい方。
毛深いもう1つの方をよく載せてきましたが、大きくなってくるとお気に入り度がUPしてくるもんです。
新たに出てくる葉が太くなってきていい感じに。
外葉が更新されれば形ももっと整ってくるはず。

氷砂糖
氷砂糖
新葉が綺麗に見えたので。
聞くところによると砂糖シリーズは子吹き旺盛なのが多そうですね。
ハオルチアTB:0CM:6

冬にサボ買う

2008/11/29(土) 18:22:34
過去を思い返すと意外と時期外れに買い物してます。
春秋はイベント、そこで手に入らなかったけど欲しいものがあったら通販でという感じになってます。
店はおまけが付いてくると噂のあそこ。実は初めての注文です。

黒王丸
黒王丸。の三稜柱台付き降ろし。4号ラン鉢。
せっかく調べてるんで気候データを紹介していきましょう。自生地(結構離れてるかも)の気候
昼夜・季節での温度変化が少なく温暖冷涼、雨が極端に少ないけど高湿度という変な気候です。

黒牡丹
黒牡丹
まだ疣が開いていません。10年後くらいにはまともな大きさになってるでしょうか・・・。
立派な芋は実生苗の証。
次は青磁牡丹(の白いの)を見つけたいです。

レピダ
レピダ(Sulcorebutia tiraquensis v. lepida VZ135)
赤みのある刺のスルコ。写真で見て気になっていました。日に透かすといい感じです。
自生地付近の気候
2500~3000m近いところに生えていて、天平丸や光琳玉の自生地に似た気候です。
なので屋外越冬組。夏の方が注意っぽいです。
これだけ陶器の鉢に植わって届いたのもそのへんの理由かな?(@_@)
スルコだとメントーサの刺色の濃いやつも気になります。

昇竜丸
昇竜丸
買おうと思ったけど手に取って置いた来たことが何度かあります。
刺は意外と柔らかいもんですね。
水は控えめにして刺間隔を詰めて管理したいと思います。

バラ丸
今回おまけで付いてきたバラ丸。
あ、そうきたかー。と思いました。これもツルビニでしたね。
サボテンの品揃えを見るとスルコが来るかと予想していました。
蕾付いてます。うちも冬~早春咲きが増えてきました。

ミラーボール
ミラーボール
オ○キよりさらに安くてびっくり。
番号が付いてないってことはブラザーじゃなくてオリジナル?
初夢殿(の膨らんでた頃)に割と似ています。
葉を短く作りたいです。



ニシさんのフェア(in 練馬)は6日に突撃しようかと思います。
駅から歩きなので天気にもよりますが。
国際の新年会にも行ってみたいです。
やっぱりそろそろどこかの会員になっておいた方がいいかなあ。
サボテンTB:0CM:2

その他のサボをまとめて

2008/11/20(木) 20:38:44
今日は、1属1種のものや1つしか持っていなくてカテゴリーに入れていないサボテンをまとめて。

帝冠
帝冠
前の冬は痩せて変色してました。今期はまだ緑でふっくらを保っています。
日焼けには注意して管理しています。

銀牡丹
銀牡丹
春に埋めて植えた部分が地上に出てきたので鉢の深さが足りないのかと思っていました。
最近また少し潜り始めたので、そういう動きをするものなのかも。

フィーレッキー
フィーレッキー
少し大きくなったと思っていたら、また軽く身割れしていました。まだ水が多いのか・・・。
もう1段階水遣りの少ないグループに移動です。



最近こんなサイトを作っています。

さぼでーた(仮称)

持っている植物をまとめた記録は作りたいと思っていたんです。
でも小苗ばかりだし他の人のサイトには敵わないので、他にあまり例のない気候データを中心にやっていこうかと。
まだまだサボテンのみで種類が少ないですが、いろんな植物に広げていけるネタだと思います。
手間がかかるので気力が続くかが問題。まあ地道にいきます・・・(^^;)

調べていると、特別寒さに弱いと言われていないものがかなり温暖な場所に自生していたり、簡単なものと難物が一緒に生えていたりするのに気付きます。
植物はたまたまその環境に生きているだけで、他の環境でも育つものもあれば自生地環境がベストというものもあるんでしょうね。

※追記
ベヌスタの自生地を調べて追加してみました。
暑くも寒くもなく、湿度はかなり高いみたいです。
でも丈夫そうなのでうちではまだ外置き。
サボテンTB:0CM:2

緋牡丹錦の花と色褪せ

2008/06/29(日) 14:08:29
牡丹つながりで名前だけ牡丹のものを。

緋牡丹錦
緋牡丹錦の花が咲きました。
こいつは1週間ほど前から咲きかけていて、平日に咲き終わっちゃったものだと思っていました。
たぶん全開ではないんですが、昨日咲いてくれました。
蕾がついている理由で植え替えもしていなかったので見れて嬉しいです(・∀・)
斑入りサボテンは花にも斑が入ることがあります。
外側の花びらが、上側が緑系で下側がピンクになっています。
右の方にツートンカラーの花びらがあるのが分かるでしょうか。
斑入りの実生をするなら花に斑が入ったもので受粉させるのがいいそうです。

最近、体の方が地味な色になってしまいました。この裏側の方はもっと地味(- -)
購入時は派手ではないけど微妙な色合いで気に入っていたのですが。
温度が高くなってきたからだと思います。
緋牡丹錦を鑑賞するのは寒い時期がベストですかね。

緋牡丹錦
もう1つある緋牡丹錦。
こっちは派手な色を保っていると思っていました。
でも購入時と比べるとやっぱり色が変わっています。
赤い部分だけでなく黒っぽい部分も温度が低い方が色が濃いんですね。

牡丹玉
牡丹玉
1年以上前にスーパーの花屋で買ったものです。
元々ほとんど根がなく、さらに冬にベランダ放置で一度こじれたのでほとんど生長していません。
三角柱の根なのを忘れていました。
蕾を出し始めているのでとりあえず生きてるんだなあと実感。
稜が丸っこくて普通の牡丹玉っぽくない形です。
斑入りを作るために色々雑交配されているらしいので、他の品種の血が濃いのかもしれません。
牡丹玉・緋牡丹錦の遮光具合は、焼かないハオ並にしています。

銀牡丹
銀牡丹
根元が細くなっているように見えますがこれは元からで、この部分は埋めて植え込みました。
根が伸びた時に体が上に押し上げられたみたいです。
もっと小さかった頃はこんな感じ
画像を検索すると根元が細いものが多いので、こういう形になりやすい種類なのかも。
これの仲間には刺の形が虫に見えるものがあり、こいつもよーく見るとちょっと虫っぽいです。
サボテンTB:0CM:0
<< 前のページホーム全記事一覧次のページ >>

カテゴリー

サブカテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 刺窓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。