刺窓
ハオルチア、サボテン、他

プロフィール

柴犬

Author:柴犬
twitterアカウント
ヤフオク

FC2カウンター

にほんブログ村

多肉・サボテンのブログが登録されています。
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

初のハオ発芽

2008/07/31(木) 20:34:29
初夢殿×ベヌスタ
今回初挑戦したハオの実生、やっと1つ発芽しましたヽ(゚∀゚)ノ
べーやんさんから頂いた種で、初夢殿×ベヌスタです。
メモによると、蒔いてから26日経っています。
なかなか発芽しないのでいったん土を乾かしてからまた水をやりました。
実生容器を完全に密封はせずに土が乾いたら水をやるのを繰り返す方法は、太平丸系で効果があったんです。
ハオの種はサボテン以上に根気が必要っぽいですね。

どんな姿になるか楽しみだけど、夏なので生き残ってくれるかどうか・・・。
他に蒔いた2種類も発芽してほしいです。
秋蒔き用にも種を残してあります。
スポンサーサイト
ハオルチアTB:0CM:2

マミ群生

2008/07/27(日) 13:04:35
直射日光にガンガン当てて作っているマミラリアの群生ものです。

鶴の子
鶴の子 5号鉢
以前と土が違いすぎたのか、全体的に締まっています。
もうちょっと膨らませてもいいような気が。
各頭だけ白いのは屋外生活が長くて土埃を被ったからかも。

ノビロ
ノビロ 4.5号鉢
以前はもうちょっと縦長だったんですが、春の植え替えで少し傾けて植えたら扁平になりました。
奥にあるのが元々の親株だと思います。
刺の感触がお気に入り。

カルメナエ
カルメナエ 4号鉢
こっちはモコモコと上にも伸びています。
結実はしなかったみたいです。
サボテンTB:0CM:4

上からアガベ

2008/07/26(土) 16:41:10
今日はアガベ中心で。
今の置き場はビニール等の覆い無しで、水やりはサボ並、日当たりは斑入りが多いのでハオよりちょっと強めぐらいで試しています。
斑入りは覆輪だけしか持っていないことに気付きました。
中斑も欲しいんですが、通販で見ると吉祥冠や雷神系では覆輪より高いものが多い気がします。

吉祥冠覆輪
吉祥冠覆輪
黄斑と白斑、どっちと表現すればいいか微妙な色です。
葉が上を向いて締まっている姿の方が好きなので、もうちょっと日当たりのいい場所に移そうかと。

王妃雷神白覆輪
王妃雷神白覆輪
新しい葉にいくほど斑が薄くなってます。
斑に頑張ってほしいところ。
いつか子吹きしてそこから派手な斑が出てきたらいいなあ。(無理?)

笹の雪黄覆輪
笹の雪黄覆輪
あんまり派手ではないです。斑が黄緑っぽい。
白ペンキ模様がもっと出てくると印象が変わるかもしれませんね。
これも下の笹の雪同様、姫だと思います。

笹の雪黄覆輪
子吹きしたものが富士砂を突き刺してました。
元々穴が開いていたところにはまったのか、本当に突き刺さったのか・・・。

姫笹の雪
姫笹の雪
こいつだけ結構日に当てて辛めの管理をしていたら、新しい葉がちょっとだけ短めになりました。
乾燥気味のせいで外葉がさらに細く見える・・・。
葉がもう少し短い方が好みなのでこのままの環境を続けてみます。
日に当てた方が白ペンキもよく出ると言うし。
でも古い葉が更新されるまで何年かかるんだろ。
そのうち王妃笹の雪A型を買いたいです。

スノーフレーク
おまけ
スノーフレークから子株発見。かわいい(・∀・)
その他の植物TB:0CM:2

諦めていた収穫

2008/07/22(火) 21:50:37
花牡丹から実が飛び出てきた記事から約1ヶ月。

花牡丹
これがその時の状態です。

花牡丹
これが現在。
サボテンの実は熟すともっと膨らんだり色付くものだと思っていたので、白い状態からいきなりふにゃっと萎れて駄目になったと思っていました。
そのまましばらく放置していたのですが、そこからカビでも生えたら困るので取ることに。
で、触ってみると中に何か粒がある・・・( ゚Д゚)

花牡丹の種
開いたら結構種が入っていました(゚∀゚)
牡丹の結実の経過が分かって勉強になりました。
今すぐ蒔いちゃった方がいいのかな~。牡丹なら暑いの大丈夫そうだし。
サボテンTB:0CM:2

暑さに負けるな

2008/07/20(日) 12:51:01
夏が要注意なものたちです。
接ぎものスクレロの2つ以外は夜間冷やしています。

天平丸
天平丸
去年は夜冷やすようにしたら夏の終わりによく生長しました。
生長点のアレオーレの触り心地が地味にお気に入りなんですが、しばらくの間新刺が真上に伸びていて触れませんでした。
最近また指が入る隙間ができた(´ー`)
フェロシオールの中心部もふわふわしています。ギムノの生長点はこんな感じのが結構ありますね。

光琳玉
光琳玉
うちに来てから新刺はいくつか出しました。
でも体はあんまり大きくなってないなあ。
まだ全然大人の顔になっていない感じです。
稜もそのうち増えてくるはず。

白紅山 SB1967
白紅山 SB1967
うちに来てからの新刺を出してきました。
接いであるとやっぱり夏でも休眠しませんね。

黒虹山ブライネイ
黒虹山ブライネイ
体が縦に伸びているので上から見た方が良い感じ。
アレオーレのフワフワ感が可愛いです。これは正木でも出るのかなあ。
白刺タイプということですが、今の姿を見てそう付けただけなら大人の姿になったら変わるかも。

セダム ヒントニー
セダム ヒントニー
花が咲いてからさらに茎部分が横に伸びています。
下の方の詰まったもさもさ状態のまま大きくなるのが見たいのに・・・。
涼しくなったら上部を切って茎挿ししてみようかな。

熊童子白斑
熊童子白斑
生長スピードは遅いけど全体のバランスは悪くない気がします。
もう1株は相変わらず小さい葉っぱばかり出し続けてます。
去年は夜冷やさなかった気がするので、今年の夏は違いを見せてほしいです。
葉を落とさずに生長すれば大きくなってくれるんでしょうか。
サボテンTB:0CM:2

色付き方とか

2008/07/19(土) 19:05:29
レイトニー TL
レイトニーが咲きました。
でも花芽が短い・・・。10センチくらいしかないような。
下の方から咲きながら伸びていくってこと、あるんでしょうか?
みんなこのくらいなら邪魔にならないんですけどね。でも花数が少ないとしたら困るか。
冷蔵庫保存の花粉を何かつけるつもりだけど、今回も無理っぽいなあ。
子吹きは数えたら7つもありました。

名無し
たまに載せてきた名無しのハオ。
青雲の舞とか雲翠あたりかなーと思っています。
うちでは間違いなく一番丈夫なハオで、今は午後からのみ直射が当たる微妙な場所にいます。
シンビ系を1つも持っていないので丈夫さを比べられないのが残念です。
これが3号鉢で、一番外側からやっと初めての子株(らしきもの)が出てきたので、
ごく小さいうちから子吹き旺盛って感じではないみたいです。
こいつの葉挿しや子株から、水栽培実験とか地植え実験をいつかやってみたいところ。

名無し
上から。葉がよく詰まっています。
温度が下がってきたら綺麗なピンクに染まってほしい。

初夢殿
初夢殿
入手時から比べると暗い色になりました。
秋以降はもっと染めつつふっくらさせたいです。

コエルマニオルム
コエルマニオルム
入手時は緑色が強かったですが、だんだん渋い色合いになってきました。
売ってたところは室内のそんなに明るい場所じゃなかったですからね。
葉幅ももう少し広くなってくれると嬉しいんだけど。

毛蟹
1度しか載せてなかった毛蟹。
この裏から1つ子吹きしています。形が崩れそうな予感。
今年は花芽が上がらなかったけど、来年は咲いてくれるかな。
交配に使ってみたいです。
ハオルチアTB:0CM:0

接ぎ木不調

2008/07/13(日) 11:10:21
接ぐのが下手なうえに穂木を何者かに食われて、最近接ぎ木したものが壊滅状態です。
痕跡から見て主犯はナメクジだと思われます。こいつはオルトランくらいじゃ嫌がらせにもならないんですね。
何匹か捕まえましたがすでに遅かったです。
やられたのは全て袖ヶ浦に接いだもので、軒下放置が長くて土に何か住み着いていたか、有機肥料の入れすぎで誘引したのかもしれません。
棚に入れていた他の接ぎ物は被害が出なかったんですが、持ってる袖は長くて入らないんです。
穂木部分に被せてある紙のキャップを食い破って(溶かして?)中身を食っていきます。
セロテープで紙の部分を覆ってもどこかの隙間から入ったみたいで。
大竜冠の実生接ぎが活着した途端に食われたのは痛すぎる・・・
胴切りして接いだ紅鷹は体にトンネル開けられてました(ノД`)

トリプギオナカンサ L1464
トリプギオナカンサ L1464
棚に入れていたので被害を免れました。
でも下の方が茶色くなっていたり生長点の色が妖しかったりで、駄目になるかもしれません。
キャップを被せていた期間が長くて煮えたか、接ぐのが早すぎたんでしょうか。
接いだのは発芽1週間程度で、遅れて発芽してきたやつがちょうど1つあったんで使っちゃったんです。
あんまり早いのも良くないってほんとかも?

黄鳥丸
これは順調に育っている黄鳥丸。
2月24日
3月26日
比べると生長が分かります。
疣も目立ってきて、もうしっかりフェロのミニチュアになってますね。
台木の短毛丸から子吹きがすごいのですが、もぎ取った5mmくらいのカキコを捨てずに転がしておいたらいくつか根付きました。
さすがにプシスは生命力がすごいなあ。


夜冷やすメンバーに、熊童子白斑2鉢と氷砂糖を追加しました。
白熊は去年葉っぱが減ったのを忘れてました。
コチレドンもベンケイソウ科なのでたぶん効果あるんじゃないかと。
氷砂糖は斑が増えてきているし、名前的にいかにも溶けそうだったので(^^;)
サボテンTB:0CM:2

レブチア系

2008/07/12(土) 01:02:22
ムスクラ
ムスクラ
前にUPしたのが5月で、それからずっとポツポツと咲いていました。
朝見たら4つ花が咲いていたので撮影。
うちにあるレブチアの仲間でも特に花期が長くて、晴れていなくても意外と開きます。

パープレクサ
花が終わったパープレクサはあちこちから子吹きを始めています。

宝山
去年発芽したものを接いだ宝山。
親の大きさを追い越し、下部の周り中からびっしりと子吹きしています。
何もそんなに出さなくても・・・。
サボテンTB:0CM:0

ついでにハオ色々

2008/07/06(日) 17:28:42
前の記事を書く時についでに撮った写真があったので(^^;)

ベヌスタ
ベヌスタ
色々なものに花粉をつけたけど、1つも結実しませんでした(・A・)
葉の大きさがまばらに見えます。外側の葉の方が大きいような。
秋に鉢サイズを上げてみます。

ベヌスタ GM292
ベヌスタ GM292
ナンバー付き、こっちの方が形も毛も綺麗です。
来年は花芽上がるといいなあ。

ピリフェラ錦
ピリフェラ錦
まだ締まった姿を保っています。
新たにできた葉と同じくらい外葉が萎れたので大きくなっていません。
直射に当ててるわけではないんですが、総合的な環境が厳しいんでしょうか。

祝宴錦
祝宴錦
ムチムチしてます。斑入りとして特別扱いする必要はなさそうです。

大型紫オブツーサ
大型紫オブツーサ
逆光で窓の綺麗なのを撮ってみたかったんですが、コツがイマイチ分かりません。
ドドソンオブよりは生長が早い感じです。
子吹きせずに大粒になってくれると嬉しいです。
どのくらい紫に染まるのかも見てみたい。

スノーフレーク
アロエのスノーフレーク
葉が増えてきました。もう少しでバランス良く葉が展開しそう。
新葉の緑の割合が多くなってきた気がします。
通常、粉を吹かせたり模様をつけるには日照が大事だと思いますが、
こいつ日照強めたら葉が丸まって茶色くなったんですよね(^^;)


※追記
検索していて、ハオルチアの種は覆土をした方が発芽率が良いという記述を見ました。
もしかして発芽しない原因はこれかな?と思い、覆土をしてみました。
嫌光性という記述もありましたが、情報が少ないのではっきり分かりません。
ハオルチアTB:0CM:2

今頃伸ばす花芽と子吹き

2008/07/06(日) 12:11:27
色々
まずは棚の中の写真から。
3種寄せ植えのうち、右側の黒肌アトロフスカが花芽を上げているのに気付きました。
なんか細くて頼りない花芽です。幻の塔の花芽もこんな感じでした。
せっかくなので1鞘ぐらい受粉させてみたいですが、保存花粉しかありません。
冷蔵庫保存の花粉、うちでは全然結実しないんですよねぇ。
竜鱗の花芽は棚をちょうど斜めに使い切っていて邪魔です。
上に伸びるやつは棚の1段の高さが足りないし・・・。
艶寿(ツルピカ寿)はツヤツヤ葉っぱがだんだん大きくなってきて見るのが楽しみです。
上の方でハオと同居しているサボ実生は、フェロ・エキノカクタスの鉢です。

夏咲きのハオってのもあるんでしょうか。
ハオの花期の目安が(原種だけでも)載っているようなところってありませんかね?

レイトニー TL
レイトニー TL
これも花芽を上げています。ベヌスタ花粉を付けてみたいなあ。
今までの成功率から見て、結実しそうもないです。
子吹き旺盛みたいです。親の姿が崩れないといいけど。
遮光してるわりには赤さを保っています。

レイトニーTL カキコ
上のレイトニーのカキコ
購入直後の植え替え時に外し、発根管理中です。
本体に触れるところは軽石オンリーで、根が少し伸びると赤玉の層に当たるようにしてみました。

竜鱗
竜鱗(CA系)の鉢から子が出てきました。
こうやって増えるハオばかりなら形が崩れないんですけどね。
ハオルチアTB:0CM:0

サボテン冷却開始

2008/07/05(土) 12:11:59
今年も面倒なことをやっています。
去年の8月に初めてやってみた実験で、今年は最低気温が20℃を超える日が続いたら始めようと思っていました。
去年やってみた限りでは、少なくとも悪影響はありませんでした。
1日の最低気温さえ低ければCAM植物は夏でも元気なんじゃないかという狙いです。
これの一番の問題点は出し入れが面倒なことと、休日でも遅くまで寝てるわけにいかないことです(^^;)

冷やしサボ
凍らせたペットボトルを2つ。これだけじゃ足りないことを忘れていたので冷却剤を追加しました。
ふたを閉め、日没~朝まで10~15℃程度に冷やします。

冷やしているものは
神竜玉・・・暑さに弱いというより過湿に弱いみたいですが、単に少しでも生長させたいので。
天平丸・光琳玉・セダムのヒントニー・・・暑さに弱いとよく言われているものです。
天平丸・光琳玉の実生苗・・・去年は夏のダメージでほぼ全滅したので。

ハオルチアからはベヌスタ2つと白うさぎ
本当はハオ全部を冷やしてみたいところですが入りません。
なので空いたスペースに実験的に少しだけ。
そもそもCAM植物じゃない気もするので夜冷やすのが効果あるかどうかも分からないです。
暑さに特に弱いハオがあったら教えて下さい(´-`)

他にも色々入れたいものはあるんですが、容器をもう1つ用意するかもっと大きな容器にしないと入りません。
フェロとか入れるには今の容器では高さが足らないです。


ハオルチアの実生も始めました。
自分のとこで採れた祝宴錦×ピグマエアと、べーやんさんから頂いたものです。
夏越しが心配なので半分くらい秋用に残してあります。
祝宴錦×ピグマエアはもう蒔いてから1週間だし、そろそろ発芽してほしいところ。
瑠璃殿錦×竜鱗は熟すのにもう少しかかりそうなので、全部秋蒔きかも。
サボテンTB:0CM:2
ホーム全記事一覧

カテゴリー

サブカテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 刺窓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。