刺窓
ハオルチア、サボテン、他

プロフィール

柴犬

Author:柴犬
twitterアカウント
ヤフオク

FC2カウンター

にほんブログ村

多肉・サボテンのブログが登録されています。
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

刺まんじゅう

2010/02/28(日) 11:38:37
カルメナエ交配
カルメナエ交配。3号鉢。
画像では普通のカルメナエと違いが分かりにくいんですが、このサイズで縦に伸びずむしろ横に広いというのはカルメナエでは見たことがありません。刺の形はカルメナエで色は白刺と黄刺の中間あたり。単頭大型になってくれるかも、という期待で連れ帰りました。自分でそれっぽいのを作りたいなと思っていたんです。何が入ってるんだろうなあ。満月あたり?


参考にカルメナエを

白刺カルメナエ
白刺カルメナエ。

カルメナエ
こっちは普通の黄刺。
しばらく前の写真で載せていなかったもの。



チリのコピアポアやエリオシケは無事なのでしょうか。
スポンサーサイト
サボテンTB:0CM:2

紫ひらひら

2010/02/26(金) 21:12:13
H. aristata CL2 MH03-156 MBB6899 Paddafontein
H. aristata CL2 MH03-156 MBB6899 Paddafontein
寒さに当てていたら軽く染まってきました。同データの標本株はもっとグレーっぽかった気がするんです。ハオは夏と冬で染まり方が変わったりするので夏も楽しみ。

H. bolusii Type-A RIB0086 Graaff-Reinet
H. bolusii Type-A RIB0086 Graaff-Reinet
繊細な雰囲気のボルシー。葉先を枯らさずにいくという目標、冬の間はクリアーできました。このまま大きくするぞ。これを買った店に行く機会があった時に見たらタイプBも置いてありました。同産地で姿も似ていたけど確かナンバーが違ったはず。

※追記
Type-Bは産地情報もちょっと違いました。

H. blackbeardiana E Cathcart HM02-25A
H. blackbeardiana E Cathcart HM02-25A
どうやらこの時期は染まるタイプっぽいです。結構赤紫。まだ小さくてどう成長していくか分かりません。産地情報がStonefell, E Cathcartってのはよく見るんで、もしこれも近くの産ならそれっぽい姿になるのかなあ。
ハオルチアTB:0CM:2

ギザ赤

2010/02/23(火) 20:51:24
ルプラ
ルプラ。
去年10月。
去年12月。
また赤みが出てきました。ヘルバセアと同じ置き場所だけどこっちだけ染まってます。内側の葉の方が窓が多いです。これからが期待できるんでしょうか。ピンク花が咲くらしいけどまだ花芽は上がってこないなあ。

ノタビリス
ノタビリス。
たしか夏頃にホムセンで買ったものです。姿が整ってきました。記録を見ると載せたことがなかったようで。こちらも軽く染まり中。葉っぱ細めで刺多めになりそうかなあ。
ハオルチアTB:0CM:2

刺ギムノ

2010/02/21(日) 17:35:24
村主光琳玉
村主光琳玉。
気に入っていてちょくちょくUPしている気がします。日照強めで通風の良さそうな場所に置いています。夏はベランダへ移動予定。あとこのあたりのギムノは結構茶膜も上がりやすい気がするんでどうにかしたいですね。

フェロシオール
フェロシオール。
水を切っていたのでやや縮んでいます。なんとなく扁平にもなったような。球体が縮むと刺が良く見えるのが、サボの休眠期のちょっとした楽しみ。
サボテンTB:0CM:0

冬ノル

2010/02/20(土) 21:34:52
H. nortieri v. nortieri NW Clanwilliam
H. nortieri v. nortieri NW Clanwilliam
9月の時はこんな感じ
今のところ順調に成長しています。窓模様がもうちょい大粒になってくれると綺麗に見えるのかなあ。しばらく室内だったからか色は緑で葉も開いています。水遣りはかなり少ないんですけど。外に出してたら赤くなってたんじゃないでしょうか。さて春はどのくらい成長してくれるか。
ハオルチアTB:0CM:0

黒虹山

2010/02/14(日) 18:33:10
黒虹山
黒虹山。
最近届きました。黒い鉤刺と白刺が巻き上がる美しい種類だそうです。台付き降ろしで縦に伸びているのが残念なんですが、実根じゃうちでは管理できないでしょう。上の方の刺が弱いのが気になります。降ろしたタイミングで刺が弱くなってしまったのか、それとも長い黒刺は遅れて生えてくるものなのか・・・。

ブライネイ
黒虹山変種ブライネイ(シュレセリ)
こっちはだいぶ前からあるもの。接木なのにそれほど成長が見られず、刺も本格化してきません。刺の弱い個体なのかなあ。そういや白刺タイプとして売っていたものでした。
サボテンTB:0CM:4

シアネア調べてわけわかめ

2010/02/10(水) 23:06:03
H. cyanea
H. cyanea
H. kemariで出ていたりH. decipiens v. virellaで出ていたりするらしいです。kemariではないcyaneaもあるのかどうかなどはよく分かりませんでした。さらに産地によってはH. amethystaになるという書き込みもヒットしました。amethystaはちょっと気になる存在だったので調べると外国のサイトでDamplaas産のものが多く出てきます。それってH. violaceaじゃないのかなあ。ナンバーまで一致するのあるし。日本のサイトに書いてあるのは別産地でこれがcyaneaとシノニムらしい?うーん・・・。こんなことがあるので産地情報付きのを探せば良かったかなと思います。

H. cyanea
形はあんまりデシピエンスっぽくなく、今のところアラクノイデア系なシルエット。
ハオルチアTB:0CM:0

クブシエ

2010/02/08(月) 20:54:52
H. cooperi v. pilifera JDV95/7 Kubusie CL
H. cooperi v. pilifera JDV95/7 Kubusie CL
CL1とかじゃなくてなんでCLで止まってるのかと思ったら、検索するとこれでかなりヒットします。この札で出回ってるんですね。産地違いのピリフェラを並べて眺めるのもそれなりに楽しそうだなあ。

H. cooperi v. pilifera JDV95/7 Kubusie CL
持っているオブにはなかった窓の青み。晴れた某屋上でこれに手が伸びてしまうのは仕方ないことなのでしょう。このくらいの大きさでも子吹きしやすいようなのが残念。すでに裏側に1つ出ています。これで単頭大型になれば最高なのに。ドドソンや紫系のオブと花が合ったらかけてみようかな。
ハオルチアTB:0CM:4

何山?

2010/02/05(金) 20:44:51
笹の雪深覆輪
笹の雪深覆輪の名前で出ていたもの。
詳細不明だったからなのかオクで安く落とせました。画像の光の当たり具合で白く見えただけで実は普通の黄斑だったらどうしようかと心配でした。届いてまずは一安心。あとは焼けやすい雪山じゃなければ嬉しいです。

色味から見て新雪山に近いような感じもします。ロッキー白山(新雪山の枝変わりらしい)だったらさらにお得だろうし、名有りのどれとも違う綺麗に育つものでも儲け物かな。もしあっという間に焼け始めたらガッカリ。新雪山も意外と環境によっては焼けるという記事を見たので、甘め管理でいってみようかと。字の意味をそのまま解釈すると斑の割合の多いものになるんでしょうか。
その他の植物TB:0CM:0

エケ再挑戦

2010/02/04(木) 20:55:36
エケベリアは昔小さいのを1つだけ持っていました。虹の玉やグラプト系のごった煮鉢に突っ込んでおいたら消滅していたんです。画像で見てから欲しくなったのがあって最近また買いました。値段も手頃でした。

ボンビシナ
ボンビシナ。
いくつかある微毛エケの中で、1つ買うならこれがいいなと思って探していたものです。確か交配種ですね。きゅっと詰まっているのが気に入りました。

ブラックナイト
ブラックナイト(の名前で買ったもの)
黒エケは和名が混乱しているらしいので一応。ボンビシナを見つけた時に目に留まってついでに。もっと黒くしたいです。


エケの産地はメキシコ周辺が多いということだから、そのあたりのサボテンを参考に管理してみます。あとは軽く調べたところだと、根が細かいので土の粒をやや小さいものにしたり、根詰まり厳禁というのが注意点なんでしょうか?日当たり一等地を要求されそうなのがちょっと困る。今のところあまり増やすつもりはないです。
その他の植物TB:0CM:4

デブリエシー

2010/02/02(火) 23:42:17
H. devriesii
H. devriesii N Prince Albert (TL)
時期によって茶色のようなグレーのような色になります。葉模様は格子状っぽい感じ。グロボシ関連種らしいけど産地がかなり離れてるんで疑問とか言われてるやつ。花の形状がそっち系らしく、見るのが楽しみだけど花芽が出たら出たで怖いです。うちに来た時から比べると中心部が緑色になってちょっと葉が増えたかな、という程度の変化です。性質がよく分からないので慎重に管理しています。
ハオルチアTB:0CM:0
ホーム全記事一覧

カテゴリー

サブカテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 刺窓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。