刺窓
ハオルチア、サボテン、他

プロフィール

柴犬

Author:柴犬
twitterアカウント
ヤフオク

FC2カウンター

にほんブログ村

多肉・サボテンのブログが登録されています。
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ディモル子

2010/10/30(土) 21:22:06
今日載せるのは前の記事のディモルフォイデスの子とか。

ベヌスタ×ディモルフォイデス
ベヌスタ×ディモルフォイデス
発芽から1年ちょっと。何株か色付いてきました。もっとトゲトゲしてこないもんか。

ダビディ×ディモルフォイデス
ダビディ×ディモルフォイデス
これも発芽から1年ちょっと。もしや斑が出た?ところどころ筋状に葉緑素の抜けがあります。

こいつらは来年花芽が出そうなので、ディモルフォイデス75%のを作ろうかと。血が濃すぎてまずいならH. joubertiiを使ってもいいか。

ノルチェリ×ディモルフォイデス
ノルチェリ×ディモルフォイデス
これはうちの実生ではないです。なんか良い刺付き窓が出てきたんじゃない?正直組み合わせのレア加減だけで買った感もあったんですけど。最近葉が伸びやすいです。もうちょい厳しくしてもいいのかも。

オブツーサ×ベヌスタ
これは植え替えた自家産オブ×ベヌ。
やはりベヌの毛はあまり強く現れそうにないです。あとは青光りに期待。オブの丸葉でもじゃもじゃってのはどう掛けたらできるんでしょうね。これのF2かベヌ掛け戻しでもやってみますか。


今年も草系交配は発芽率が良かったです。
紫オブ×ビオラセア、黒オブ×雪の花、ドドオブ×クブシエ、カミンギーとダビディの相互とか。駄物上等。
スポンサーサイト
ハオルチアTB:0CM:0

ディモールさん

2010/10/25(月) 23:52:03
H. arachnoidea “dimorphoides” MBB6697
H. arachnoidea “dimorphoides” MBB6697 SE De Doorns (W of tunnel)
外葉や葉先がだいぶ枯れ込んでいたのと、秋になってもあまり吸水してない気がしたので抜いてみました。根は問題無し(画像はスカスカの根と枯葉の整理後)。アラクノイデア系の根はあまり太くならずに少なめって聞いたことがあるけど、これはどっちだろう。少なくともオブとかのぶっとい根ではない模様。

ちなみに2009年春の植え替えの時の根。

春の緑緑してた頃。

H. arachnoidea “dimorphoides” MBB6697
鉢に植わっている最近の写真がなかったので7月の状態を。
うーん、葉先ワイルドになっちゃった・・・。地味個体なんだろうなーと思っていたらところどころよさげな葉が出てます。これが全体にまわって葉数も増えればもう少し派手になるんでしょう。枯れはしないんだけどこのあたりから先のサイズになかなか育ちません。元々厳しめに育てているのと、休眠期に外葉が減ってリセットがかかるからだろうなあ。たぶんもうすぐこいつの子にサイズで追い抜かれます。
ハオルチアTB:0CM:0

本店アリス

2010/10/20(水) 19:41:49
H. aristata MH03-157 MBB6852 Stone fontein
H. aristata MH03-157 MBB6852 Stone fontein (H. lazulis)
ストーン本店の方。もうちょっと窓比率が多ければいいんだけど。調べると同ナンバーでももっと窓の大きなのがあるみたいです。これは細葉で草っぽい。うちに来た4月と比べると葉が増えて形が開きました。


H. aristata CL2 MH03-156 MBB6899 Paddafontein
H. aristata CL2 MH03-156 MBB6899 Paddafontein (H. rava)
パッダ本店の方。これは現物見て買えたのもあってお気に入りです。まだサイズは望めるはず。買う時に見た同じCL2の標本株は全体が綺麗なグレーだったんですけど、その色に近づきません。

H. aristata CL2 MH03-156 MBB6899 Paddafontein
今年8月の姿。この方が色味は好みです。

まだ赤みが残っていた4月頃はこれ


ベイヤー分類のアリスタータはかなり多くの産地があるようで、探せばイザベラエ並に見つかるかも?これとかゴルドニアナのマイナー産地から当たり個体を探し出すというマニアックな集め方を考えたけどたぶんやらない。
ハオルチアTB:0CM:1

バザール入手の実生ハオ

2010/10/18(月) 00:50:15
ビッグバザールで入手した、化けたら面白いことになりそうなハオです。この時優先的に選んだのはスプレンデンス風味なもの。ハオの偉い人もスプレンデンスやバディアの交配が面白いって言ってたし。特殊な超促成栽培の小苗がうちの環境でいきなりの夏越しと心配でしたけど、特に調子を崩すこともなかったです。

バザールの記事。

今回はそのうちの3つ。

氷の世界×スプレンデンス
氷の世界×スプレンデンス
よりスプレンデンスっぽくなる交配でしょうか。雪景色や氷の世界のような窓になるといいなあ。でも雪景色のチビ苗を見るとこのくらいの大きさでもう片鱗が見えてますよね。

新古都姫×エスタホイゼニー
新古都姫×エスタホイゼニー
窓模様に特徴が出てきそうな雰囲気はあり?あとは荒めにツブツブしてきてくれれば最高。

エニグマ×悟空
エニグマ×悟空
エニグマの地黒肌にツブツブが乗れば、という感じ。下の葉の根元に面白そうな色味(土埃かもw)&微細なトゲが・・・。
ハオルチアTB:0CM:4

飛鳥山公園晴れ

2010/10/17(日) 01:21:54
先週に引き続き植木市へ。今回はどの日も天気は大丈夫そうで良かったですよね。

苔
写真は飛鳥山公園に向かう途中の階段に生えていた苔という植物。NE of Asukayama Park


いろいろ見て1つだけ買ってきました。
H. archeri VA 5060 N of Laingsburg
H. marumiana v. archeri VA 5060 North of Laingsburg
どういうタイプか分からずに買っちゃったけど、ナンバーで検索してみるとこれは良さそう。ブログなどで、個体によっては難しいという話を聞きます。こちらでも聞いてみたらぼっこぼこ増える通常マルミとは違うらしいです。自生地的には乾燥させといた方が良さそうな雰囲気?

H. archeri
前からうちにあった方のアーチェリ。産地データ無しのシェーラム産、でヤフオク経由。ふつーにマルミ顔なんですよね。既に子吹きも確認。一応アーチェリ2つになったんで実生を目指します。
ハオルチアTB:0CM:0

夏を越えプリっと

2010/10/13(水) 23:22:02
ほんとハオは丈夫ですね。記録的な猛暑でも死者ゼロ。例年どおり外葉が数枚干からびたとかそんな程度です。うちの数少ないベンケイソウ科とか、完全撤退しようかと思いたくなる崩れっぷりだったのに。レツーサ型はまだ万全な状態ではないですが、こういう草は回復も早い。

H. blackbeardiana aff. Komboknie 14728
H. blackbeardiana aff. Komboknie 14728
葉が上向きになってさらにしゅっとしたイメージになりました。葉型と葉脈の入り方が好き。Komboknieって地名だとは思うんですけど、検索しても出てこないんです。ナンバーも謎。見当付く方いたら教えて下さい。

H. lockwoodii
H. lockwoodii
去年秋の植木市で買ったもの。ほぼ1年経ちました。その時の写真。
夏もほとんど枯れ込みませんでした。まだ特徴が出る前なのかもしれません。今のところシルエットが若干デシピっぽいです。実生苗なんでどんな姿になるか予想できないのも楽しみ。

H. bolusii Type-A RIB0086 Graaff-Reinet
H. bolusii Type-A RIB0086 Graaff-Reinet
もしゃもしゃした中をよく見ると結構綺麗な窓が。夏もあまり枯れ込ませずに済んだ、かな?今年はこれとボルシー錦との交配で種が結構とれました。斑が出つつこっちのボルシー似になると一番なんだけど。
ハオルチアTB:1CM:2

赤羽公園晴れ

2010/10/10(日) 22:30:40
北区の植木市、土曜は雨で中止になってがっかり。日曜も予報的には無理っぽかったんですが、始まる頃には雨が止んでいました。電話確認したら今日はやっているということで行ってきました。

某ブース
ハオだけでなく球根やメセンもあった某ブース。
いつも貴重なお話が聞けます。今年の夏はどこもベンケイソウ科のダメージが大きかったらしいです。ハオ実生は秋蒔きにして間一髪回避だったそうな。


買ったものは
仙女冠
仙女冠
セツリフェラ錦で原種の斑入りだそうです。斑が多くても丈夫と聞いて安心しました。

黒砂糖
黒砂糖。
このフォルムで大型になればいいのに、と思うハオ。群生にするつもりでいればいいやってことで買ってきました。そのうちウィミー系の交配親にしたいです。
ハオルチアTB:0CM:0
ホーム全記事一覧

カテゴリー

サブカテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 刺窓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。