刺窓
ハオルチア、サボテン、他

プロフィール

柴犬

Author:柴犬
twitterアカウント
ヤフオク

FC2カウンター

にほんブログ村

多肉・サボテンのブログが登録されています。
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

光琳玉

2012/01/21(土) 00:46:45
光琳玉
好きなギムノの1つ。こいつは冬でもあんまり心配いらないですね。新刺も出てるな。刺優先でちびちびいきます。茶膜がまた上がってきたのがちょっと残念。

実生サボのチビは平鉢に数本しか生き残りがいないものがあるので、まとめて植えて整理したら場所が空きそう。あとはどうしても自分のとこで綺麗に作れない種類は増やさないでいこうかと。
スポンサーサイト
サボテンTB:0CM:0

微毛

2012/01/16(月) 22:04:30
H. villosa
H. villosa (type clone)
夏冬はそこそこ染まるもんですね。type cloneとあるけどどこ産だろう。まだ打ち止めではないはずだけど、長いこと大きさに変化ありません。増えないのは形乱れないし、まあいいことか?もう1本あれば実生してみたい。

H. lachnosa PVB7128 Holrivier
H. lachnosa PVB7128 Holrivier
こっちは染まりにくい雰囲気。葉の大きさが揃ってないかな。整えていきたい。入手時はかなり期待感高かったです。まだ綺麗になる余地はあるはず。

某ハオ本に載ってたVenustoisl Joubertskraal産イザベラエどっかにないかな。
ハオルチアTB:0CM:0

とげをだいじに

2012/01/14(土) 13:44:18
紫鯱
紫鯱(で買ったもの。まあ鯱頭でしょう。)
植え替えのサボりにより根詰まりがひどいことになってるはず。本体は小さく作って刺だけ出させたらかっこいいかなあ。鉢サイズは上げないにしても植え替えはそのうちしてやろう。

さて、置き場所移動によってどうなったのか。
2010年12月
2010年1月(移動前)

うん、悪くはなさそう。やはり屋根付近でチリチリ焼くのが良いか。
サボテンTB:0CM:0

あけた

2012/01/02(月) 21:28:19
あけました。
植物的には特にやることがありません。水を控えて耐えてもらうだけ。

201201022114358c1.jpg
刺が気になるらしい。

201201022114061b4.jpg
このへん一番暖かいみたい。

20120102211507129.jpg
水遣り後は重い。
サボテンTB:0CM:2
ホーム全記事一覧

カテゴリー

サブカテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 刺窓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。