刺窓
ハオルチア、サボテン、他

プロフィール

柴犬

Author:柴犬
twitterアカウント
ヤフオク

FC2カウンター

にほんブログ村

多肉・サボテンのブログが登録されています。
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ジェム交配と交配経過

2013/05/25(土) 17:10:52
うちで実生した、グリーンジェムの交配。

毛蟹×グリーンジェム
毛蟹×グリーンジェム
一番窓が開いた個体。ありがちではあるけど好きなので残す予定。

毛蟹×グリーンジェム
毛蟹×グリーンジェム
兄弟で一番地味なの。色んな要素が混ざった親同士なんで違いがでかいです。

ルプラ×グリーンジェム
ルプラ×グリーンジェム
一時期期待してたのに、想定してたものとは違ってしまった。もう一度何か掛けます。

グリーンジェム×レースクイーン
グリーンジェム×レースクイーン
なんか特徴的な窓にならないかと交配したもの。どうも平凡になりそうな気が。


今年の交配で、結実中のものをメモ。
寿光錦×09OY-3a
黒ピクタ×09OY-3a
09OY-3a×黒縞デケナヒー
(エスタホイゼニー×ピクタ)×09OY-3a
ボルシー錦×ラピス
(ヘルバセア×クーペロイデス)×グロボシ
文楽×グロボシ
(大型紫オブ×ビオラセア)×黒大窓オブ
黒大窓オブ×(大型紫オブ×ビオラセア)
白帝城×リンバータ
(毛蟹×ピグマエア)×リンバータ
レースクイーン×リンバータ
黄斑オブ×ブラックオブツーサ
黄斑オブ×スタイネリー
ダビディ同士
ラピス同士
ラズリス同士

新たに買うのは原種に偏ってきているけど、自分でしょうもないもんを作るのは好きです。
スポンサーサイト
ハオルチアTB:0CM:0

ディモ

2013/05/19(日) 01:49:42
黒くて刺々しい草が好きです。

H. dimorpha GM646 W of Constable Station, Laingsburg
H. dimorpha GM646 W of Constable Station, Laingsburg
長いこと水を吸っていない感じだったけど、ようやく中心部から膨らんできた。派手な葉を出して欲しいもんです。ついでに花芽も上げてくれると嬉しい。

H. dimorpha Constable Station, W of Laingsburg
H. dimorpha Constable Station, W of Laingsburg
窓少なめの地味タイプ。そして葉っぱは伸びやすい。うまく育てると大きくなるらしいけど、うちではあまり変化無し。去年マルミ錦にこれをかけたやつが数本育ってます。斑は望めそうもないので、量産型ディモルファができればいい方か。

H. pulchella JDV87/187 CL1 Avondrust
H. pulchella JDV87/187 CL1 Avondrust
黒いトゲトゲつながりで。小型で渋くてなかなか好きです。これも強刺個体ができたら楽しそう。
ハオルチアTB:0CM:0

プベス

2013/05/10(金) 00:45:31
H. pubescens LAV23558 Sandberg Hills CL2
H. pubescens LAV23558 Sandberg Hills CL2
1年でほんの一回りくらい大きくなったかな。小さいけど整ったロゼットで好きです。プベの花芽は細くて花数も少なく種の数も取れないと聞きました。子吹きもしないというし、とことん増やしにくいんだなあ。

H. pubescens Worcester Ex seed Alec Selzer
H. pubescens Worcester Ex seed Alec Selzer
葉型が結構違います。こっちの方が前からあったタイプかな?葉数は増えたけどサイズ的には大して変らないなー。

H. pubescens
H. pubescens
1つ上のやつと似ていて気になっていたもの。オランダからのものと聞いたのでSTCかな。STCのサイトに上のデータと同じものがあるし、クローンだと残念。
ハオルチアTB:0CM:2

バータ

2013/05/04(土) 01:44:08
スピード自慢の青い奴。あとジースはジュースだと思ってた派です。

ここ最近で3本増やしたリンバータ。とりあえず札通りに書いてます。

H. arachnoidea “dimorphoides” Egelsfontein, SW of Laingsburg
H. arachnoidea “dimorphoides” Egelsfontein, SW of Laingsburg
窓は目立たないけど色はかなり黒い。花芽伸ばし中。今年はこいつと前からあった2本のどっちかで交配になりそう。

H. arachnoidea v. dimorphoides MBB6697 SE of De Doorns
H. arachnoidea v. dimorphoides MBB6697 SE of De Doorns (W of tunnel)
このナンバー3本目。刺も色もバランス良さそうで期待してます。今年の花芽はカットされてるようにも見える。同ナンバーで交配もいつかしてみたい。

H. limbata JDV97/87 Osplaas
H. limbata JDV97/87 Osplaas
まだ小さいけど、短葉で刺もいい感じに見えます。順調にいっても花は来年になりそう。


合計5本になったので、あとは狙うなら特異なタイプぐらいでしょうか。もういい加減実生したい。
ディモルフォイデスはカタログ名じゃなくて変種扱いにしてるとこもあるの?とか、リンバータにならないディモルフォイデスもあるの?とか色々気になる。あとMBB6696のトンネル東側ってのは全然見かけない気が。

こいつは刺と窓と色の具合が超好みな種なので、最終的にはリンバータとディモルファとオブがあればいいかなって一瞬思ったけどまだその境地じゃなかった。
ハオルチアTB:0CM:0

茶花

2013/05/02(木) 01:00:47
H. globosiflora JDV93/62 Botterkloof
H. globosiflora JDV93/62 Botterkloof
葉っぱが開きやすい個体のようで、外葉は反り返るレベル。窓模様には期待感があるので観察していきたい。

H. globosiflora JDV93/62 Botterkloof
茶色で丸っこい花が今咲いてます。写真で見るとそんなに色濃くないかも?何年か前は茶色い花のグロボシはほとんど出回ってないとか聞いたけど、最近はそうでもないのかな。

H. globosiflora
H. globosiflora (sensu Breuer)
もう1本ある方。こっちは葉型が違って、詰まった感じになりそう。今年はまだグロボシ同士の交配ができそうにないのが残念。
ハオルチアTB:0CM:0
ホーム全記事一覧

カテゴリー

サブカテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 刺窓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。