刺窓
ハオルチア、サボテン、他

プロフィール

柴犬

Author:柴犬
twitterアカウント
ヤフオク

FC2カウンター

にほんブログ村

多肉・サボテンのブログが登録されています。
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

アロエの管理と土のこと

2008/04/04(金) 21:43:42
アロエのスノーレーク、少しは育っているかなーと写真で比べてみました。

スノーフレーク
こっちが去年12月

スノーフレーク
現在 
比べるまで気付かなかったΣ(゚д゚lll) 色がくすんで葉が丸まっています。
30%遮光でビニール棚の最前列という今の置き場は厳しいみたいです。
好みにもよるだろうけど、以前の緑が鮮やかな方が好きだなあ。
もっと日陰に移して水遣りを増やしてみよう。
千代田錦があまりに丈夫なんで油断してました。1ヶ月断水も夏の直射も平気だったから。
そういや肉厚さが全然違うんですよね。
ハオと同じような管理だったけど、葉の薄いこいつは草花感覚の水遣りでいいのかなあ・・・。
土ももっと保水力高めにした方が良さそう。

千代田錦
その千代田錦はいつのまにか花が咲きそうです。
花茎ぶっとい(゚Д゚;)


最近土の配合を考えることが多いので、うちで混ぜている土のことを。
土は自分の近所で売っているもの限定で揃えています。
使う土や割合は人によって全然違いますよね。
品種によって5%刻みで変えたりしてるんですが、ただの自己満足です。

赤玉土(25~60%くらい)
保水力のある、基本用土。
微塵は抜いて大きさをある程度揃えています。
普通の苗には小粒、実生では細粒くらいの大きさを使っています。

鹿沼土(5~40%くらい)
酸性を喜ぶサボテンもいるという話を聞いて導入。
赤玉土よりはpHが低いってだけで別に強酸性ってわけじゃないみたいですよ。
たいていの種類には10~15%程度にしています。
小粒を買ったけど粒が全然揃っていませんでした。大きな粒は底の方に使います。

軽石(10~40%くらい)
過湿に弱いと言われるものにはこれを増やします。
でも2号鉢くらいの大きさで40%も入れたら水が抜けすぎました。
普通のサボテンや多肉には10~20%くらい入れることが多いです。

有機質の土(10%くらい)
腐葉土と普通の培養土を混ぜて適当に追熟させたものを使っていました。
この部分をゴールデン粒状培養土に変える予定です。10%よりはもっと多くて平気でしょう。

燻炭(5%くらい)
通気性のためとかカリウム補給とか土壌細菌のためとか色々聞きます。
サボテン多肉に使っている人もいるようなので少しだけ。

あとは化粧砂には富士砂や軽石を使ったり。(軽石は軽すぎて勢い良く水をかけると吹っ飛びます)
卵の殻を砕いて有星類の鉢に入れてみたこともあります。
プシスや袖ヶ浦などは上記の配合とは違って、赤玉土と有機質の土を混ぜているだけです。
その他の植物TB:0CM:2
<< 新たなホムセン探しホーム全記事一覧久しぶりの水栽培 >>

コメント

アロエ、色鮮やかな緑色が戻るといいですね。
千代田錦の花茎、ほんとブッ太い~
咲くのが楽しみですね。
土のお話、すごく勉強になります。
私は多肉ちゃんの土は無頓着で1年放置していましたが、
大きく育ってきたし、剪定や植え替えも兼ねて、
土の配合も考えていきたいと思います。
ミドリ #-|2008/04/05(土) 13:44 [ 編集 ]

>ミドリさん
管理方法を変えて、前の状態に戻したいです。
千代田錦の花茎はほんとに太くてびっくりしました。
使う土は人によって違うし、サボテン多肉の適応できる範囲は広いんだと思います。
柴犬 #pPz8.2iQ|2008/04/05(土) 23:57 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sabotane.blog79.fc2.com/tb.php/157-48164807

カテゴリー

サブカテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 刺窓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。