刺窓
ハオルチア、サボテン、他

プロフィール

柴犬

Author:柴犬
twitterアカウント
ヤフオク

FC2カウンター

にほんブログ村

多肉・サボテンのブログが登録されています。
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

その他のサボをまとめて

2008/11/20(木) 20:38:44
今日は、1属1種のものや1つしか持っていなくてカテゴリーに入れていないサボテンをまとめて。

帝冠
帝冠
前の冬は痩せて変色してました。今期はまだ緑でふっくらを保っています。
日焼けには注意して管理しています。

銀牡丹
銀牡丹
春に埋めて植えた部分が地上に出てきたので鉢の深さが足りないのかと思っていました。
最近また少し潜り始めたので、そういう動きをするものなのかも。

フィーレッキー
フィーレッキー
少し大きくなったと思っていたら、また軽く身割れしていました。まだ水が多いのか・・・。
もう1段階水遣りの少ないグループに移動です。



最近こんなサイトを作っています。

さぼでーた(仮称)

持っている植物をまとめた記録は作りたいと思っていたんです。
でも小苗ばかりだし他の人のサイトには敵わないので、他にあまり例のない気候データを中心にやっていこうかと。
まだまだサボテンのみで種類が少ないですが、いろんな植物に広げていけるネタだと思います。
手間がかかるので気力が続くかが問題。まあ地道にいきます・・・(^^;)

調べていると、特別寒さに弱いと言われていないものがかなり温暖な場所に自生していたり、簡単なものと難物が一緒に生えていたりするのに気付きます。
植物はたまたまその環境に生きているだけで、他の環境でも育つものもあれば自生地環境がベストというものもあるんでしょうね。

※追記
ベヌスタの自生地を調べて追加してみました。
暑くも寒くもなく、湿度はかなり高いみたいです。
でも丈夫そうなのでうちではまだ外置き。
サボテンTB:0CM:2
<< 室内へ移動ホーム全記事一覧刺もの定期撮影 >>

コメント

データ拝見しました。
ペクチニフェラとか、現地は年中気温が一定なんですね。まだベランダに出しっぱなのですが、そろそろ夜は取り込みますか、、、。

東京は上下が激しすぎ! それを考えると、北米種なんかは湿度だけ抑えれば気温はそのままでいいの?って感じで東京に近いグラフの変化ですね。
BEE #ihMNMLjo|2008/11/23(日) 20:04 [ 編集 ]

>BEEさん
ペクチニフェラなどは一年中暖かいところに生えているみたいですね。
水を切っていれば案外大丈夫という話も聞きますが、うちでは念のため室内に入れています。
アメリカ産は寒さに耐えそうなものが多いですね。
湿度のグラフは途中から追加したので、最初の方に作ったものには付いていません(^^;)
種類を増やすのと同時に対応しようかと。
柴犬 #pPz8.2iQ|2008/11/24(月) 13:10 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sabotane.blog79.fc2.com/tb.php/242-c15ccd67

カテゴリー

サブカテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 刺窓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。