刺窓
ハオルチア、サボテン、他

プロフィール

柴犬

Author:柴犬
twitterアカウント
ヤフオク

FC2カウンター

にほんブログ村

多肉・サボテンのブログが登録されています。
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

調査中 ハオ編

2009/01/18(日) 14:17:57
南アのデータがだいぶ揃ってきたので紹介します。
写真は以前のものもあります。

レイトニー TL
レイトニー 気候
データだけ見るともっと甘やかしてもいいのかと思えてきます。でも大きく違う環境でもへっちゃらな強い子。
少し痩せてきました。あまりカリカリにする気はないので、もうちょい透明感を出そうと遮光しています。
一番緑だった頃はこんな感じ
中心に少し緑が残るくらいが透明度が高いのかもしれませんね。

レイトニー TL
光に透かして見ればこのくらいになるんですが。

有刺クーペリー A型エースタイプ
有刺クーペリー 気候
レイトニーやベヌスタよりは内陸で、降水量や湿度も少し低いようです。クーペリーの割には強健なイメージがないのはこのへんの原因もあるんでしょうか?。

ピグマエア
ピグマエア 気候
海が近く、温度はベヌスタあたりと似ていますが、降水量はそれより少ないみたいです。

金筋スプレンデンス
スプレンデンス 気候
ピグマエアよりやや内陸。温度変化が少し大きくなるようです。
アトロフスカの産地も比較的近いです。

バディア M2
バディア 気候
他のハオの産地は季節での降水量の変化が少ないのですが、ここは分かりやすくグラフが山型になっています。他のものより夏は乾燥気味にした方が良いと考えるのは安直すぎでしょうか?それとも冬に多めでもいいとか?
データのある場所が自生地からやや離れているのが問題ですが。

コレクタ N-22
コレクタ 気候
ちょうどいい場所がなかったのでやや離れたところのデータが2つです。
Uniondaleから少し内陸に行くとコンプトの産地があるようです。

ハマーウィミー
ウィミー 気候
産地の北の方と南の方では結構違います。北の方のLadismithでは降水量が夏多く冬少ないみたいです。バディアと逆な感じでしょうか。

ドドソンギガス
ギガス 気候
ノギ系は乾燥気味の管理と聞いていたけど気候を調べてびっくり。降水量が難物サボの自生地並ですよ。他のノギ系はどうなのかも気になってきます。

コエルマニオルム
コエルマニオルム 気候
調べた中では、軟葉と言われるものとだいぶ自生地が離れています。データ数が少なく降水量の信用度がイマイチなのですが、夏の方が多い感じはしますね。
竜鱗の自生地も調べていたらやたら広かったです。(広すぎて参考にならないので気候は調べていません)

瑠璃殿錦
瑠璃殿(錦) 気候
モザンビークやスワジランドとの国境付近に生えているようです。降水量は夏多く冬少ないみたいです。他の硬葉系もそのうち調べようかと。


調べたハオはここから

基本的なことなんでしょうけど、気候を調べていてよく分かるのは
・海が近いと季節での温度変化が緩やかになり、湿度が上がる。
・内陸に行くと温度変化が大きくなり、湿度は下がる。
・標高が高くなると特に最低気温が下がる。
さらにハオに限らず、降水量の変化のあるものは、降水量の多い時期の最低気温を日本と照らし合わせることで生育時期が分かるかも、と考えています。(最高気温は人工的に調節しやすいため)
※南アは最低気温が15~17℃程度までしか上がらないところが多いので、上の方で書いた夏というのは日本の関東(+温室等)に照らし合わせると5月とか10月頃になります。

で、調べた種類の自生地を地図に表すとこんな感じになります。(産地情報と位置を照合できた場所のみ)細かいズレはきっとあるんで目安程度に。
南北の真ん中あたりの調べていないところは何が生えているんだろう。断絶されているとも考えにくいんで何かあるんでしょうね。そのうち追加していけるといいな。
白く空いているところや瑠璃殿の産地の右側は湖や海ではなく他の国です。
南アは病気が怖いのと治安が悪いと聞くので、きっとお金があっても行くことはないでしょうね。
南ア


某店で未発根の草の干物を買いそうになっている自分がいます。ああ怖い。


※追記
玉扇の産地はコレクタと一部かぶっているようです(群落レベルでは違う可能性も)。それより西の方(ウィミーまで行かないあたり)に万象の産地があるみたいです。気候は調べていません。この2つは他と離れた産地かと思ったら予想が外れました。
硬葉を調べた方が調査範囲が広がるかも。
ハオルチアTB:0CM:6
<< 刺々葉っぱホーム全記事一覧バラ丸咲く >>

コメント
綺麗ですね
レイトニー,無茶苦茶綺麗ですね!
私もこんな風に真っ赤にしたいのですが,なかなかなってくれません(泣

南アフリカのデータ,凄いですね。
お疲れ様です。
見てるだけで行きたくなってきました♪
carol #U6M1AWu2|2009/01/19(月) 03:43 [ 編集 ]

>carolさん
レイトニー、透明感のある真っ赤にしてみたいんです。
ハオも自分の理想の姿を保つのは難しいですね。
自分の趣味の範囲なら調べるのは好きなんです。
野生のハオルチアは見てみたいですが、色々な問題があって実際には難しそうです。
丈夫なのが増えすぎたら地植えして現地風味にしてみましょうかね。
柴犬 #pPz8.2iQ|2009/01/19(月) 21:06 [ 編集 ]

詳しく調べられていて凄く参考になり嬉しくなっちゃいました。
したいなぁ~って思っていたことなので感謝です。
一番下の分布図は面白いです。西ほど難物が多いのは気候、湿度等が日本のそれと違い過ぎるのでしょうかね~
これからも続けていって欲しいです。(他力本願?)
べーやん #-|2009/01/20(火) 10:00 [ 編集 ]
おおー
すごい!
とても参考になりました。
もっと乾燥地帯なのかと思ってたら、サボテンと比べるとずいぶん多湿な感じですね。
分布図もおもしろいです。
行ってみたいけど行くならちゃんとしたツアーで行かないと危なそうですね。
美明 #bxXG0pwM|2009/01/20(火) 14:12 [ 編集 ]

>べーやんさん
べーやんさんもやはり興味ありですか。
日本で難物扱いされるものは、降水量が少なく湿度の低いところにあるものが多い気がします。あと多肉の自生地全般ですが夏の最低気温が低いです。
違う環境で平気な植物もあるので、難物は順調に生育する許容範囲が狭いんじゃないかと。
マイペースに続けていきますよ~。
柴犬 #pPz8.2iQ|2009/01/20(火) 18:32 [ 編集 ]

>美明さん
自分のためのデータが主なんですが、反響があるとやっている甲斐もあります。
海沿いは特に湿度が高いみたいです。サボテンは特に北米だと湿度の低いところに生えているものが多いです。
一般の旅行ツアーじゃなくて多肉関係のツアーじゃないと見れないでしょうね。
メキシコにもサボテンやアガベを見に行ってみたいです。
柴犬 #pPz8.2iQ|2009/01/20(火) 18:53 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sabotane.blog79.fc2.com/tb.php/268-c1e49ad4

カテゴリー

サブカテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 刺窓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。