刺窓
ハオルチア、サボテン、他

プロフィール

柴犬

Author:柴犬
twitterアカウント
ヤフオク

FC2カウンター

にほんブログ村

多肉・サボテンのブログが登録されています。
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 花ブログ サボテンへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

水栽培まとめ

2007/06/05(火) 20:01:55
サボテンの水栽培を一年間やってみて気付いたことをまとめます。
写真は猩々丸です。
猩々丸2006年10月。これ以前の写真がありませんが、ここまでの半年ではかなり大きくなりました。

猩々丸2007年6月。大きさはあまり変わらず、刺だけが立派になっています。

気付いたこと&起こったこと
・成長は通常より遅い。
・縦に長くなるものは途中でくびれができてしまう。
・容器を遮光しておかないと藻が生える。遮光しても完全には防げない。
・水にオルトランを混ぜておかないとネジラミ(らしき虫)が発生する。
 オルトランを混ぜたら数日でいなくなった。
・固形肥料を水底に置いたらサボテンに水ぶくれ発生。
 水だけにして様子見をしたらいつのまにか完治。
・液肥もやりすぎ禁物。様子がおかしいと思ったら水だけにする。
・マミラリアの小苗なら枯れはしない(気がする)

瑠璃兜は腰折れ状態になってしまったので、時間のある時に土栽培に戻します。
兜の実生苗(発芽1年)は成長が他のものより遅いので土に戻しました。
苗があまりに小さいと容器も小さくなるので水の減りが早く、水の補充が面倒なのも理由です。


ここから下は妄想です。

成長が遅くなり刺が鋭くなる・・・もしや強刺類に使えるのでは(゚д゚ )!
強刺類は接木などで成長を早めると刺座の間隔が広くなってしまうので、じっくり育てるのがいいという話です。
乾燥気味に育てるフェロカクタスなどを水栽培するのは無謀だとは思うのですが・・・
マミラリアとは訳が違うので、棘が色褪せて終わるような予感もします。
さらに強刺類は大きくなるものばかりなのも問題です。
球体が大きくなるとエアーポンプ無しの水栽培はキツイようですから。
今育てているフェロで試す気は起こらないので、実生で増えたらやってみようかと思います。
湿度が高めでOKなギムノでやる方がまだ現実的かもしれません。
魔天竜などの刺物もありますから。
サボテンTB:0CM:4
<< 猫被害ホーム全記事一覧ミニひまわり >>

コメント

すごい!
水栽培できるんですね~、サボテンも。

先日極小のサボテン(花芽付き)を買ってきたら
数日後に咲きそうだった大きな花芽が落ちてしまいました。。ショック。
鉢も極小なので水の具合ですかねぇ

私も柴犬さんみたいに上手に育てたい~
多肉は放置でもいいけど(?)サボテンはなかなかうまくいきません~
よふ #-|2007/06/06(水) 18:34 [ 編集 ]

>よふさん
サボテンが小さい場合寄せ植えにするといいみたいですけど、うちは2号鉢が大きすぎないようなら単独で植えています。
あとは花芽が付いている状態で植え替えなど環境を変えると咲かなくなってしまうことはあります。
柴犬 #pPz8.2iQ|2007/06/06(水) 23:03 [ 編集 ]

サボテンは乾燥させるものだと思っていたので、
水栽培とは意外でした!
水栽培と土栽培では育ち方が違うんですね。
本体が大きくならず、棘だけが大きくなるとは不思議です。
奥が深い~
ミドリ #-|2007/06/07(木) 01:33 [ 編集 ]

>ミドリさん
サボテンの根元を水につけないように、水位を根の半分くらいの位置にしておけば結構いけるものなんですよ。
刺だけ伸びるってのは偶然起こっただけかもしれないです。
柴犬 #pPz8.2iQ|2007/06/07(木) 20:01 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sabotane.blog79.fc2.com/tb.php/66-57c4bc15

カテゴリー

サブカテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 刺窓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。